スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
大野晋『日本語の源流を求めて』(岩波新書)
表題の本を読んだ。
大野氏は有名な国語学者である。
昨年逝去された。


先日新聞を整理していたら、大野氏のことが載っていて、買って読んでみた。
大野氏は、日本語文法や言葉について、古代タミル語(インド南部)との共通点に気づき、詳細な検討を加えた結果、日本語のルーツは古代タミル語にあると結論づけた。


さらに、考古学的考証から、「弥生文化」とされている水田耕作や鉄器、弥生式土器などは古代タミル文化から移入された、と結論した。


新書とは言え、詳細かつ微細、そして多数の裏付けを述べており、説得力はあるように感じられた。


しかし、なぜ南インドのタミル人がわざわざ日本にまでやってくる必要があったのか、という点ではまだ説明が弱い。
真珠交易を求めてきたのではないか、と推測されていたが、それにしても、わざわざ大挙して日本にまで来る必要性があまり見えない。
気候変動や大災害があったのだろうか。


このタミル文化源流説は、学界ではあまり重んじられていないらしい。
氏も、新聞で、正しさが証明されるのに「100年かかる」と言われていた。
素人の私がその是非を判断できようもないが、魅力的な説ではある。
DNAの分析でも、日本人は雑種というか、さまざまな民族的混合の上に成り立っているらしいことが分かっている。
実は、非常に国際的な民族だったのではないか。
外来文化に対する柔軟性はつとに指摘されているところだが、そう考えると、その柔軟性は「お家芸」だと言えるだろう。

日本は「和」の国。
さまざまな文化や人間を、柔軟に受け入れられる度量を持った国なのだと解したい。
それがたとえ潜在的なものだったとしても。
日本の神話に見られる「八百万の神」とは、その辺の多様性を受け入れる柔軟性を反映させたものなのかもしれない。
スポンサーサイト
【2009/05/19 17:37 】 | 歴史 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。