スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
それでも世の中は良くなっている。
連日の不景気の報道もすっかり定番になりましたが、まだまだ日本は平和ですね。


先日新宿に飲みに行ったのですが、まあ人の多いこと…。飲んでハイテンションになっている人がたくさんいました。



1929年の世界恐慌のときは、ご存知の通り、世界の列強は帝国主義的な方針でこの事態を打開しようとしていきます。


暴力的な「市場の確保」。

ない者は奪おうとし、ある者はヨソ者を入れまいとしました。

当時も今も「戦争=経済」なので、公共事業として戦争を起こし、需要と市場を創出しようとしました。


ところが現代では、そんなことを平然とやっている大国はアメリカくらいなものです。

世界の世論は、他国の侵略や大量殺戮について、かなり厳しい世論を与えるようになりました。

これまで侵略や殺戮は常態だった状況に比べると、世界史的にはかなり「進歩」していると思います。その点は。

「グリーンニューディール」なんて言っているのですから、平和なものです。


でも、戦争でメシを食っている業界の人はまだいます。

先日の北朝鮮のミサイル騒動。

あまりにも大げさでは?

あれで「ミサイル防衛システム(MD)の充実」なんて言っている人がいたら注意しなければなりません。

MDは技術的にはほとんど不可能ですし、実際北朝鮮がミサイルを撃ち込んでくる可能性はほとんどないと思います。

危機をあおって得するのは軍需産業です。

だまされてはいけません。

MDにお金を費やすのであれば、全国の母子家庭にでも手当を充実させてあげて下さい。

そちらはかなり大変な状況にあることを肌で感じています。

北朝鮮も、あの体制は必ずそう遠くない未来に崩壊します。

あのような前時代的な体制は自然崩壊するでしょう。


それはともかく、消費社会になって、モノにも恵まれて、それでもなにか物足りない…

やっぱり充実感だ、家族だ、人間関係だ…と心の方に目が向いていますね。

精神性を大切にしていく方向性は不可逆です。

その方向性からしても、貧富の格差もだんだんと解消して行くでしょう。


確実に、いい方向に向かっています。

どんなことがあっても、乗り越えていけるでしょう。

いい時代が、やってきています。
スポンサーサイト
【2009/04/20 22:28 】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。