スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
井上靖『孔子』その2
前回に引き続き、井上靖さんの『孔子』を読んでいて、考えたことを書きとめていきたいと思います。

次の言葉は、孔子の弟子の一人が、今は亡き師の思い出深い言葉を回想している場面です。

「―“仁”という字は、人偏に“二”を配している。親子であれ、主従であれ、旅であった未知の間柄であれ、兎に角、人間が二人、顔を合せさえすれば、その二人の間には、二人がお互いに守らねばならぬ規約とでもいったものが生まれてくる。それが“仁”というもの、他の言葉で言うと“思いやり”、相手の立場に立って、ものを考えてやるということ。」
(281ページ)


この一節だけでは、「仁」というのは「守るべき規範」という風に聞こえるかもしれませんが、文脈をたどっていくと、どちらかと言うと「自然発生的な感情」というニュアンスが強い。「そうするべきもの」というよりは、「そうなっていくはずのもの」というニュアンスです。

その確信たるや、かなりのものです。性善説もいいところです。

人間は果たしてそこまで純粋なものだろうか。正直なところ、そう信じたいところだが現実は…というところでしょうか。日常で出会ったきた人たちを思い返しながら書いていますが、そうとも言い切れない。ましてや私自身、自己中心的に生きているではないか。

たとえばアイリーン・キャディという宗教家がいます。
彼女はいわば「神は私にかく語りき」という内容のことを本にまとめています。その中で次の一節―

「…どんな人であっても自分が接する人すべてに心を開き、愛したいという愛に満ちた美しい思いで心を満たしなさいということです。何の差別心もなく、誰かを愛し、誰かを愛さないという選択もしません。の普遍的な愛を自由に流れさせるということなのです。の愛は誰に対しても変わらず、すべての人に対して平等です。そのことをどれだけ受け入れてくださるかは、あなた次第なのです。この普遍の愛を表現することを恐れないで下さい。それは個人を越えたものです…」
(『心の扉を開く』346ページ)


おいおい、俺はそんな神様みたいなことはできねえよ…なんて言いたくなりますが、キャディが伝える神は「いやいやアンタも本当は神だから(^^j)」と言うのです。
蛇足ですが、江原啓之さんもそういう言い方をしますね。みんなもともとは神で、修行を積んで神に帰っていく存在、みたいな。

そうだそうだ、その通りだ!となんの疑問を持たずに受け入れることは、できません。ふーん、そういうこともあるかもしれないな…というくらいでしょうか。現時点では。私自身を含めた日常、社会、世界の現実というものは、そういう「美しい世界」(と私は思っている)とあまりにもかけ離れているからです。

しかし…ですが、現実世界の荒んだ風景を凝視していても、私も世の中も変わっていかないこともまた事実。いいものに変えていこうという努力なくしてはなにも変わりません。そのとき、いいものに変えていこうというとき、「美しい世界」への確信や信仰みたいなものがなければ、変えていく勇気も出てこないでしょう。自分の中にも人の中にも、個を超えた尊いもの、普遍的で、永遠のもの、限りなく善なるものがあるという期待と確信なしには。

まあ、実際には、そんな信仰のようなものを持たずとも、世の中をよくするために働いていらっしゃる方もゴマンといると思いますが…(^^j) 私の場合は、そういうものを必要としている、という言い方の方が適切かもしれません。
スポンサーサイト
【2005/11/28 16:46 】 | 読書日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
井上靖『孔子』その3 | ホーム | 井上靖『孔子』(新潮社/1989年)
コメント
----
孔子ね~。いかにもってカンジだね(笑)

俺自身、儒教は割と好きな思想なんだけど
それを前面には押し出したくないな~。

自分自身の「美意識」に従って俺は行動してるけど
その「美意識」を作る要素の一つくらいに
したいって思っているんだ。

いーんじゃないのかな?
「美しい世界」とかけ離れてしまっているとしても
自分の根っこが揺れなければ。

信仰にしても、思想にしても
その根っこを支えるだけのもだと思い
自分が生活の中で見聞きするもの全てが
枝葉を育てるものだと思えば

「自分が悪いと思うもの」→病気や害虫
「自分が良いと思うもの」→肥料や水

ってなカンジに思えて
周囲の全てのものが自分を支えてくれてるって
思えるんじゃないかな~?

まぁ、ろくでもないヤツが多い現代だけど
そうじゃないヤツだって多いでしょ?

悪い面には舌打ちしながらぶっ潰し
良い面や美しい面に感動したいね。
by:HBK | URL | #-【2005/11/29 04:31】 [ 編集] | page top↑
----
HBKさんコメントありがとう。
「らしい」前向きなコメントだね~。
「根っこ」は滅多に揺らがされることはないんだけど、残念に思うこと、腹立たしいこと、悲しいことなんかが重なるとときとしてヘコみそうになるよ…。この世の中で「信頼すること、できること」の貴重さっていうのはないよね。それを感じられるというのは幸せなことなのかもしれないね。
by:観音寺 弘明 | URL | #-【2005/12/01 22:27】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。