スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
追悼/伊藤和也氏
アフガニスタンで行方不明になっていた伊藤和也さん(31)が、遺体で発見された。
NGO活動として、現地で農業指導をしていたという。
アフガニスタンの人々にとって、味方でこそあれ敵ではなかったはずだ。
所属していた「ペシャワールの会」の代表、中村哲氏が、「アフガン人の半数は飢えている」という。
被害者は伊藤さんだけではない。アフガンの貧しい人々もまた、事件の被害者となった。


大変残念なことである。
犯人グループの詳細は分かっていない。
はっきりしていることは、伊藤さんも、アフガンで飢えている人々も、ともに戦争と政治の被害者である、ということである。


武装し、戦争を遂行していくためには、多大なエネルギーとお金を要している。
そのエネルギーとお金の向ける先を、武装や戦争ではなく、農業の開発やインフラ整備などに充てたら、どれだけの人々が生きていけることだろうか。


ニュースで、アフガンの子どもが農作物を手にして笑っていた。
その絵を見て、胸がつまった。
私にも小さい子どもがいる。
その子どもに食べさせるものがなく、飢えてやせ細り、死んでいく親の気持ちはどうだろう。
食べ物があれば、子どもが生きていける。
医療施設があれば、子どもが病気になっても、死なずに助けてもらえる。


子どもが与えてくれる喜びは、共にいる幸せは、なにものにも勝るものだ。
子どものきれいな瞳を見るとき、人は性善であることをだれが疑おうか?
あの純粋で、やさしい子どもたちの眼を見るとき、私たちは大切ななにかを思い出すのではないだろうか。


その「子どもたちの眼」を守ろうと志した一人の日本人の青年が殺された。
言葉にならない。


権力者たちは戦争に明け暮れ、世間はオリンピックに陶酔している。
オリンピックはまだいい。
しかし、あそこまで過剰な演出が必要だったのだろうか?
オリンピック選手を育てていくのにはお金と人手がいる。
飢えている人を放っておいてまで、スポーツ選手に投資することに意味があるのだろうか?


金メダルをとった選手に国民栄誉賞が贈られる、という。
選手は選手で立派だ。
その努力と汗は賞に値する。


しかし、私は遠くアフガニスタンの荒野で倒れた、それまで無名だった一人の青年に、この賞を贈ってほしい。


いや、国のエゴと金にまみれた国民栄誉賞でなくてもいい。
アフガンの荒野で、危険を冒して飢えた貧しい人々のために尽くして倒れた日本人の青年に、私は賞ではなく敬意を表したい。そして記憶にとどめ、同じ日本人として誇りにしよう。その形なきメダルを胸に抱いていこう。


今度の臨時国会で、インド洋の海上給油活動延期を採決するとかしないとか。
燃料代が高く、漁業関係者や運送会社をはじめ多くの日本人が困窮しているのをよそに、政府は無償で気前よく他国の軍艦に給油活動を行っている。いったいだれのための政府なのか? アメリカとの関係が険悪になって、不景気になったとしても、私は喜んでそれを受け入れよう。軍産複合体の走狗となっているあの国家に追随しているというのは、歴史上恥ずべきことであることになぜ気づかないのだろう? 


歴史は海上給油活動を継続する日本政府よりも、丸腰で現地の貧民のために尽くした一人の青年を高く評価するだろう。後生の日本人も、その青年の方を誇りにし、あるいはモデルとするだろう。


世界が平和でありますように。


権力者たちが資金とエネルギーを破壊活動に使うのではなく、一人一人の幸せのために、一つの家族の幸せのために、賢明に愛を込めて使うことができますように。


伊藤和也さん、お疲れさま。


そして、現地での活動の継続を訴えられた伊藤さんのお父様と、活動の継続の必要性を訴えられている「ペシャワールの会」の方々の、勇気と愛に敬意を表します。


スポンサーサイト
【2008/08/28 23:40 】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。