スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
桜の花によせて
SA350217_convert_20080328121338.jpg


SA350218_convert_20080328121435.jpg



日付の変わる頃、その公園には人はいない
白い電灯に八分咲きの桜の木が浮かぶ
花の下で見上げると
かすかな風に枝をゆっくり揺らせ
静かに、静かに咲いていた
あと幾日もなく散っていく
その運命を受け入れながら



朝の、人々が忙しく行き交う道で
青く高い空に桜の花が冴えている
足を止め、時が止まる
凛として微動だにしない
けな気に、しかし強く咲いていた
あと幾日もなく散っていく
その運命に抗うことなく



桜は毎年花を咲かせ
そして私は毎年嘆息する
その心は変わらないが
感じるものはわずかに変わる
私も桜も
縁あってともに生きているものなのだから
友よ、美しき友よ
これからもともに生きていこう
スポンサーサイト
【2008/03/28 12:11 】 | | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
2012年になにかが起こる? <その3> | ホーム | 「2012年」になにかが起こる? <その2>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。