スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
航海日記②
先日の、海王丸航海の続きです。

7月19日(水)
朝、高岡大仏にお参りした後、高岡駅から富山新港方面に向かう万葉線という路面電車に乗りました。

20060919141141.jpg


小雨が降っていましたね。「海王丸」という駅があるんです。その駅で降りて港に向かうと、新旧両方の海王丸が港に碇泊していました。

20060919141349.jpg


早速乗り込み、いよいよ「課業」開始です。

船内での乗船式。100名近い実習生がすでに乗船していました。全国の海上技術学校の生徒さんです。他にももう一校、機関関連の学生さんが乗船していましたね。年は10代後半から20代前半。女の子の実習生さんも2,3人いましたね。もっとも他の男子学生とあまり見分けはつきませんでしたが…。

20060919141659.jpg


最初の課業は救命ボートや救命具の説明。さすがにそういうところから始まるんですね。

船内での初めての昼食。中学校の給食を思い出しましたねえ。

午後、いよいよ富山港を出航。指導員の方の説明で、登檣礼(とうしょうれい)を行うとのこと。なにかと思ったら、実習生さんたちが高さ55mもあると言われているマストに登るのだそうです。士官の方の笛の合図とともに、わさわさと登り始め、ついにマストの頂上に。実習生さんはみな、魚の骨のようなマストの枝にそれぞれ配置についたようです。船の舳先にいる実習生さんが「ごっきげんよ~!」と叫ぶと、マストに登っている実習生さんも「ごっきげんよ~!」と大合唱。写真に収めておきたかったのですが、われわれ研修生は艦橋に整列し、脇見をしてはいけないと言われていたので、残念ながら見れませんでした(涙)。 しかし、後日横浜港を出航するときに見に行ったので、そのときたっぷりと見ることができましたが。

その後、海王丸は日本海沿岸を航行。レクチャーを聞いたりしながら、夜は他の実習生さんと艦内を掃除。士官の方の点検を待ちます。

われわれ研修生は、平均すると50代から60代だったのではないでしょうか。私はかなり若い部類に入っていました。最長の方は60代を超えていたと思います。みなさん帆船が好きで、リピーターの方も多かったです。女性も数名いましたね。それぞれ仕事を休んで参加していました。まあ、夜は案の定研修生たちは酒盛りになるのですが…(笑)

艦内の居室はさすがに手狭でした。8人部屋でしたかね。マイ・スペースは自分のベッドだけ。それでも上半身を起こすと配管むき出しの天井にぶつかります。


7/20(木)
6:30起床。
甲板上に出て整列、体操。その後やりましたよ、甲板掃除。ヤシの実を半分に割ったタワシで磨きましたねえ。もちろん裸足です。気分は爽快でしたが。

20060919142217.jpg


朝食後、研修生はなんとマストに登るという。高齢の方もいらっしゃったので希望者だけかと思いきや、みなさん当たり前のように次々と登り始めた(笑) 私は高所恐怖のところがあるので、生きた心地がしませんでしたね~。マストに登るのに、網みたいな梯子だけですよ…。もちろん滑ったらそのまま海にドボン。また私は泳げないんです(笑)

午後、やりました! 帆を張って帆走です! 

20060919142015.jpg


これは素晴らしかった。帆を張るときれいなんですねえ、やっぱり。その作業をしているときに、艦橋から艦内放送で「左舷、クジラ」。しぶきしか見えませんでしたけど、感動でしたね。秋田沖あたりだったかと思います。

20060919142408.jpg


夕食後、船橋や制御室を見学させてもらいました。実習生さんたちは交代で夜通し航海を見守るのですね。

ちなみに、海王丸は帆走の世界記録を持っているんです。帆走能力では世界最高レベルだそうで。ただ、参加するごとに賞をもらっていては…ということで、最近はあまりそういうレースには参加しないそうですが。そういう感覚が日本人らしいですねえ。

20060919142833.jpg


夜、再び研修生さんの酒盛り大会。いろんな人がいましたねえ。おもしろかったのは、関西出身の方はけっこう気さくに誰とでも仲良くなる。東北の方はやはり寡黙なんですねえ。自分から積極的に輪に入ろうとはなさらない。私の父の家ももともと山形出身だそうなので、やはり寡黙な東北人の方になんとなく共感するものがありました。関西の方は明るいな~。じっくりと話をさせていただいた方もおりましたが、やはりこういう出会いがいいですねえ。それぞれのドラマがあるというのでしょうか。


7/21(金)
6:30起床。
もうすでに函館沖でした。この日は天気が悪くて、予定されていた登檣訓練がなくなりました。内心ホッとしましたが、他の研修生の方で楽しみにしていた方もあったようで、残念がっていました。
船内のさまざまな部署を見学させていただきました。機関室、無線室、倉庫などなど。

20060919142531.jpg


工作室もありました。さすがに海上では自分たちでなんでもまかなわなければなりませんからね。一通り揃っているようです。

20060919142659.jpg


一回海王丸は座礁したことがあるんですってね。数年前に、台風で富山沖のテトラポットに乗り上げたそうです。船内まで浸水し、その跡が残っていました。

夜、士官の方と懇談会。その中で、士官の方がおもしろいことをおっしゃっていました。

20060919143113.jpg


実習生さんたちはまあ缶詰生活ですから、ストレスも溜まる。ケンカすることもあるが、翌日あっさりと挨拶すると自然に仲直りするそうなんです。意外にそういうことが重要なんです。また、船の生活は危険を伴うし、共同作業も多い。私たちが教えるということではなく、お互いに協力し合うことを船が教えてくれるのです、と。

たしかに、あの缶詰生活の中というのは、ストレスも溜まりやすいですが、人との壁は越えやすいところがあると思います。最初は私も貴重品など警戒していましたが、そのうちそういう警戒心は必要にならなくなってきました。逃げ場がないですからね。開き直って人と向かい合うことができるように思うのです。ハイリスク・ハイリターンではありますが、陸上では培いにくい友情や信頼みたいなものをつくりやすい環境でもあるように思いました。

この日の夜、甲板に出てみると、船員の方がイカ?ですかね、釣りしていました。


7/22(土) 
6:30起床。整列、体操、掃除。
いよいよ函館港に入港です。函館は何年振りでしょうか。数年前に修学旅行で生徒を引率したときに訪れました。懐かしい街です。
士官の方の笛の合図で実習生さんたちが動き、碇を上げ、入港していきます。

20060919143220.jpg


無事着岸。

20060919143330.jpg


身辺整理をして、最後の船内食をいただき、下船式。あっという間の3泊4日でしたね。

20060919143452.jpg


20060919142943.jpg


20060919143602.jpg


船はとても好きなので、船を下りてからしばらく呆然としていました(笑) また機会があったら乗りたいですね~。海王丸の皆様、ありがとうございました! 安全な航海をお祈りしています。

20060919143703.jpg

スポンサーサイト
【2006/09/19 14:09 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
航海日記③ | ホーム | 9・11の意味するもの
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。