スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
もうすぐ34歳!
明日で34歳になります。

今年一年はどうだったか、振り返っています。
最大の出来事は、引っ越したこと。今まで借家暮らしでしたが、狭いながら自分の家というものを持つことになりました。しかし、まだ気分がつかめず、旅館にいるような感じです。

引っ越したことをきっかけに、園芸に興味をもつようになりました。
職場の詳しい人に聞いたり、鉢をいただいたりしながら、育てています。初めての冬越しで緊張しています。同居の義父母も園芸マニアなので、敷地内は植物園状態です。すこしずつ、我が家の植物たちをアップしていきたいと思います。

昼休みに明治神宮の森を散歩してきました。
何枚か携帯で写真を撮ってきたのですが、アップすることができません(^^j) できるようになり次第、アップしていきたいと思います。
鬱蒼と繁った神宮の森の小道を歩いてきましたが、ときおり陽の光が木々の間を差し込んできていて、その静謐な空間に思わず打たれて立ちすくんでしまいました。私にとってそれは束の間の楽園だったかもしれません。

日々生きていると、悲しいこと、頭にくること、寂しいこと、つらいことなどが怒涛の如く押し寄せてきて、明日からやっていけるのだろうかと気弱になることもしばしばです。自分自身の弱さ、自己中心性などに向き合わされることも苦痛です。もっと巧く生きていけばいいじゃん、と思う一方で、そういう生き方ができないでいます。

34歳という一年も自分自身を見つめながらやっていきたい。
江原啓之さんは、この世で多くの経験をしてたくさんの感動を魂に刻み込むことが大切だってよく言っていますよね。けっこう共感しています。生きていればつらいことだけではなく、当然幸せなこと、楽しいこともあるわけで、身近な人を大切にしていけるような生き方ができればいいな、と思っています。私なりの「隣人愛」の解釈です。

自分自身をどこまで成長させていけるのか。現実の自分自身を見るとあまりにも課題が多くて茫然としてしまいますが…。目標を明確にしてやっていきたいですね。

一年とは言いつつも、実際には人の命なんて明日をも知れぬもの。一年といわず今日一日を大切にしていくことなのかもしれませんね。

ともあれ、今日まで生きてこれたこと、私を支えてくれた人たちに感謝感謝です☆

SN250143.jpg



スポンサーサイト
【2005/11/21 22:24 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
勤労感謝の日 | ホーム | タラバガニ
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。