スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』③
新緑の季節ですね。

先日、神宮の森を散歩していたら、モミジの新緑に見とれてしまいました。その鮮やかなこと! つややかな黄緑色でした。写メを撮ったのですが、うっかりしてアップできる容量を倍近くオーバーしてしまい、アップできないのが残念です。池のほとりには常緑樹の濃い緑色に混じって新緑の色が見え、同じ緑色でもこんなにバリエーションが富んでいるのかと今さら「発見」しました。視点が変わると景色も変わるのですね。

『ねじまき鳥』の続きです。
第1部の3~4章で、二人の予言者(?)が登場します。
一人は「加納マルタ」という若い女性。
もう一人は本田さんという老人。
もっとも、加納マルタ自身は、物語の中では自分を予言者ではない、と言っているが、私の理解のカテゴリーで「予言者」としておきます。
この「予言者」の存在も『マトリックス』と似ているんだよな…。

それはともかく。
加納マルタという女性は、自分自身を浄化するべく、かつてマルタ島で修行していたのですね。マルタ島に霊水が出るところがあって、そこの水を飲んで修行していた。彼女のエピソードはおいおいに語られていくのですが、まあ、彼女にもいろいろあって、生まれ変わりたかったのですね。

彼女と主人公のオカダさんとの会話で印象に残ったところ。
「…ものごとの本質というものは、一般論でしか語れない場合がきわめて多いのです」という加納マルタの言葉(82ページ)。これはなるほどなあ、と思いました。
私も時おり易を立てるのですが、卦は一般論で出ます。それを自分の状況や文脈に合わせて、あとはインスピレーションで解釈する。
易占に限らずとも、古人の言葉とか諺、箴言などは、広く言えば一般論と言えなくもない。だからこそ普遍性を持つのかもしれません。一般論だからこそ、個々具体的なそれぞれの状況で、解釈の余地が生まれる。

一方の本田さんという老人は、ユング派的な言葉で言えば「老賢人」のイメージに近いように思います。
彼は、はっきりと主人公に言う。法律の世界(主人公のオカダさんの以前の生業)は合わない、と。
法律の世界というのは、陰陽のはっきりした世界。いや、それをはっきりさせていく世界。言い換えると、形なきものに命名して、細分化していく世界。

しかし、オカダトオルはその世界への疑問を抱いてしまった。今までのように「水」が流れなくなってしまった。世界の解体。それは言葉の世界の解体でもあったわけです。

このあたりは、禅の世界にも通じていくように思います。
禅の世界では「父母未生以前」と言うこともあるようですが、要するに、名前のつけられる前の世界―今、世界を認識しているその枠組みの、認識という作用を止揚した世界を見よ、と。逆にその世界から「普段認識している世界」を見たときには、それは虚妄、虚仮の世界に見える、ということなのでしょう。

どうも言葉にするのが難しいな…。

この「難しさ」に、テーマがあるとも言えそうですが。
ややこしい話ですが、名前がつけられる前のなにかがあって、そこにたとえばXという名前をつけた途端に、もとからXが存在していたかのように錯覚してしまう。

たとえば「馬」という言葉があるけれども、変な言い方だが「馬」が存在するわけではない。たまたま顔が細長くて四本足の動物を「馬」と抽象化しただけで、「存在」しているのは、「この馬」だったり「あの馬」だったりと、個別具体の形でしか存在していない。

それを勝手に人間が「馬」とカテゴライズして、言葉(認識)の世界に「存在」させている。

まあ、この働きによって、論理的思考や抽象的思考を発達させたり、想像力を膨らませたりしてきたわけですが、一方で幻想を実体化させてしまったわけです。

この作用を時の為政者は巧みに使うわけですね。
たとえば「愛国心」なんていう言葉がありますが、「国」という概念はきわめて曖昧なものです。歴史的にたどっていけば、「クニ」という言葉は、村落レベルの集合体を指す言葉として使われていた時代もあったようです。その規模がだんだん大きくなっていき、今で言う県の大きさになり(「筑紫の国」とか)、現在の日本国の範囲になる。第二次大戦期には、一部では台湾や朝鮮半島も「日本国」と表記されていたこともあったでしょう。

そのように「国」という概念は時代と共に変化している。
日本という国のイメージも当然変化しているでしょう。

つまり、実体があるのかないのか分からないようなものに、名前をつけることによって、統合原理としていくわけです。しかも、その名前にはプラスイメージを付与したいがために、必然的にマイナスイメージを持つ名前を持ち出さなければいけない。

朝鮮半島や中国における「日本」、欧米における「テロリスト」。中東諸国における「欧米」。
その際、自分たちの国の名前は、正当性のある清く美しいものとしての「神話」を付与されるわけです。
その神話は、たとえば「ジハード」だったり、「大東亜共栄圏」だったり、「テロとの戦い」だったり…。
自分自身を正当化するということは、自分自身の過失を見ないようにすることとセットになってしまうんですね。そのとき、「名前」だけが先走っていき、「現実」が置き去りにされていく。名前と現実(実体)がどんどん乖離していく。

それが、物語の中では、オカダトオルという主人公にとっての「世界の解体」であり、まさにそれが始まろうとしているということなのだと思います。

別の面から言えば、現実(実体)の変化に言葉(名前)が対応しきれなくなっていくとき、乖離が激しくなっていくとき、言葉(名前)の変更を余儀なくされていく。それは世界の解体と再構成ということになるが、体験としては、不安や苦といったものに苛まれるという経過をたどる。

昔は「元服」という便利な制度がありましたよね。イニシエーション。幼名「竹千代」が「元康」になる。名前も髪形も服装も変わる。これは、アイデンティティの変化ということでは便利な制度だったと思うのです。

子どもが大人になっていけば、体だけではなく、当然精神面も変化していく。元服のように、名前から格好から変わってしまうのであれば、「変化(成人)した」ということを自他共に認めやすい。
しかし、イニシエーションが消滅した現代では、その目安がない。なにが大人でなにが大人じゃないのか、はっきりしない。酒やタバコは大人の特権ではない。子どもだってやろうとすればできる。
そんな時代に、「大人になる」ことの難しさがある。
子どもからすれば、「いつまでたっても子ども扱いだ」と不満を言うし、親からすれば「まだこいつは大人になれない」なんて不満を言っている。ラインが不明確だから、お互い苦しいわけです。

今の時代、よほどできた親でない限り、子どもの方が自覚的に「大人」になっていくしかないと、私は思います。

話がだいぶ逸れましたね。
そうそう、本田さんという予言者の話。
彼は、オカダさんにヒントを与えるんですね。
世界の解体に、どう身を処していけばいいのか。
直接的には教えてくれません。やっぱり「一般論」なんです。あとは自分でやっていかなければならないんですね。

「大人になる」ということは、先人も先輩も社会もあてにすることなく、親も頼ることなく、自力で探し求め、つくりあげていかなければならないのでしょうね。

それも言葉(名前)の世界の話なのかもしれません。
現実(実体)の変化に、ふさわしい言葉をどう見つけていくのか、ということなのでしょう。
スポンサーサイト
【2006/04/22 00:58 】 | 読書日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』④ | ホーム | 村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』②
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。