スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
養老孟司 『超バカの壁』
養老さんの本は、初めて読みました。
養老さんと言えば、『バカの壁』がベストセラーになりましたね。今回はその続編のようなものらしいです。

巷間でもてはやされている本はどうしても読む気がせずに手を出さないのですが、今回は義母さんからたまたまお借りしたので、読んでみた次第です。

全体としては読みやすかったです。随所に解剖学からの知見なども盛り込まれていて、説得力もあった。かと言って物質主義的ではなく、どちらかというと精神性を重んじるような印象を受けました。

卑近な話題から天下国家に至るまで、話題は多岐に渡っているのですが、今回は次の指摘を取り上げてみたいと思います。

「そもそも自分というもののとらえ方が西洋人と日本人とでは違います。かつての日本人と明治以降の日本人は違うといってもいいでしょう。つまり本来は西洋人の「I」と日本人の「私」は実は違うものなのです。それは言葉を見ればわかります。
 関西では相手のことを「自分」と言います。ここからわかるのは己を相手を同一とみているということです。
 関西に限った話ではありません。時代劇で江戸の商人が自分のことを「手前ども」というのをご覧になったことがあるでしょう。これが下町でけんかが起これば「手前(てめえ)、このやろう」という。商人の手前は自分のことですし、けんかの時の手前は相手です。
 同様の例は他にもあります。侍は「おのれ自身」と自分のことをいうし、かっか頭に来て、刀振り回して「おのれ!」という。侍は自分にハラを立てているのかというと、別にそうではない。後者はいうまでもなく相手のことを指している。
 どうして日本語ではそんなことが可能なのでしょうか。根本に、自他の区別に対する無意識の本質的確信というものがあるからです。それは簡単にいえば、いちいち意識しなくても(つまり言葉にしなくても)、自分というものはいるのだということに確信を持っているということです。
 逆に言えば自分自身と他人の区別が無意識の段階でまではっきりなされていれば、そのときの都合で表現は変えても構わないのです。いちいち「自分は自分である」「俺は俺である」ということを言葉で明確にしなくてもいい。区別がはっきりしているからこそ、言葉は問題ではない。だから両方の言い方ができる」
(37~38ページ)


日本人は自分というものが希薄である、主張しないなんて言われることもありますが、養老さんに言わせれば、逆に無意識のレベルで自分というものがはっきりしているからこそ自他をいちいち明確に分けることをしない。

よく「自分がよく分からない」なんてことを聞いたりしますが、実は心の奥底では分かっているのかもしれませんね。それが、日本的な集団のつながりだと、ついつい自分を抑えて周りに合わせてしまうものだから、それが常態化したりすると、本当の自分の気持ちや意思が見えなくなってしまう、なんてことも起こってくるかもしれません。

周りに合わせていれば、仲間はずれにされないで済むし、それゆえ孤独感も感じないで済む。しかし、自分を偽る、抑えるというストレスは抱き合わせになるかもしれない。

一方、自分の意思や感情に重きを置くと、集団への違和感や孤立感は避けられないかもしれない。「あいつは変わったヤツ」と見られ、敬遠されがちになる。ひどい場合には陰口まで叩かれるかもしれない。

私はどちらかと言うと後者のタイプの人間かもしれません(笑)
私の場合、自分抑えすぎるとストレスになりやすい方なので、集団への適応で苦労するのはまあ仕方ないかと諦めています。我が強いのですね。

でも、私は、どんな人でも、ときには一人になってまわりの流れからちょっと外れたところに立つことは必要なことだと思っています。周囲と距離ができることで、自分の方向修正ができる余地が生まれることがあるように思います。

日常という範囲に限らず、さらには世間というところからも離れたところから自分を見つめてみることも大切ですよね。
GPSで自分の立ち位置を確認するのに、宇宙空間を漂う衛星を経由するように。世間に戻りたくないときもたまにありますが(笑)


上記の引用箇所について、仕事柄親子関係の問題ではまさにこのことが焦点になることもあるのかな、と思います。
子どもは親から自立していこうとする。親はまだまだ子どもだと思っている。
子どもからすると、親があれこれ言ってくるのは領空侵犯に思えてくることもある。親は心配で言っていても、子どもの方は自分は信用されていないんだと受け取ってしまう。
時期的には、親も「私はこう思うけどね」と本人の意向を尊重してつきあってあげる方が、うまく回転していくことが多いようですけどね。親からするとときには眠れないほど心配になることもあるようですが。本人としては「私」を練習したい時期なのだと思います。


養老さんは、原理としてはっきりさせるところとそうでないところ、こだわりをもつところともたいないところなど、非常に柔軟に物事をとらえていこうとするので、たいへん大人だなあという印象を持ちました。ざっくばらんに語るので、誤解も多いかもしれません。物事を断定しているようでしていないところが面白いところでした。

休日の大師公園(2006)
 休日の大師公園(2006)
スポンサーサイト
【2006/03/23 01:14 】 | 読書日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』① | ホーム | 春分の日に
コメント
----
やはり読んでいましたね(笑
そんな気はしていたのだけれど。

私も随分前に読み終わっておりました。もう記憶は虚ろだけれど、誰かと語りたかった本です。

『鬼婆化する女達』(養老さんの本ではありませんが)を読んでいて思ったのだけれど、齢を重ねているせいなのか、問題点が明確だなと。小さな事に囚われず、大局からものを言っているなという印象がありました。

懐古主義ではないけれど、行き過ぎてしまった考え方を、「当たり前」に落とし込みたいのかなと思ったし、そこにはとても共感をした。

齢を重ねた人は、どこかどっしりとしている。
その空気は偽者ではない。
私も見習いたいものである。
by:ねむりねこ | URL | #-【2006/06/07 13:44】 [ 編集] | page top↑
----
養老さんは、あのお年の人にしては珍しく?柔軟な方ですね。いい年のとりかたをしたのでしょうか。自分もそういう年のとり方したいですねえ~

どのように老いていくかというのは難しいものですね。老いるとその人がどのように生きてきたか、露骨に表れるような気がします。それはある意味怖いことですね~

by:観音寺 弘明 | URL | #-【2006/10/30 01:06】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。