スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ライブドア事件に思う
ついに堀江さんも逮捕されましたね。

ライブドア事件についてはさまざまな憶測がありますが、山川健一さんのブログで紹介されていた勝谷誠彦さんのブログ(http://www.diary.ne.jp/user/31174/?)によると、やはり官邸も黒幕の一つのようで…。あいかわらず政財界というのは魑魅魍魎(ちみもうりょう)の蠢(うごめ)いている世界のようですね。落ちに落ちているライブドア関連の株を、今後誰が買っていくのかということも気になるところです。

連日の堀江バッシングが続いていますが、勝谷さんの言うように、当局としては偽装建築問題が目立たなくなることを期待しているのかもしれませんね。

堀江バッシングに便乗するわけではないのですが。
彼の著書の中で「愛も金で買える」という下りがよくバッシングに利用されています。

私はその通りだと思います。ただし、正確な言葉ではないでしょう。
正確には、「金で買える愛もある」ということ。当然、「お金では買えない愛」もあるわけで。『千と千尋~』でカオナシがお金で歓心を買おうとして果たせないシーンがありましたが、その場面を思い出しました。

ホリエモン効果?で経済学部の志望が増えているということですが、なんだかそれもね…。起業家を目指すことはいいと思うのですが、お金をたくさん得て、その次にどうするのかな、と。動機や目的が気になるところです。

今回の事件は、堀江さん自身にとってはよかったのではないかと思います。これを機会に自分の価値観や生き方を考え直すことができるかもしれませんので。堀江さんを叩きに叩いているエラいオジサマたちの方が、よっぽど不幸だと思います。堀江さんというスケープゴートの創出でとりあえず一時的には安泰かもしれませんが、その報いのためにあとどれくらい転生を繰り返すことになるのでしょうか。しかも「やられる側」としての人生を。

過ちや失敗を犯したとしても、それをチャンスにしていけることの方がよっぽど幸せなことだと思います。今生での毀誉褒貶(きよほうへん)など、小さいものだと思います。その実に、なにを取るか、ということでしょうから。


堀江さんの事件をいかに社会(の人々)が受け止め、教訓にするか。

『男たちの大和』ではありませんが、戦後日本の課題である「戦争の総括」ということにもなると思いますが、なにが大切な価値なのか。生き方なのか。そのことを考えさせてくれているということでは、堀江さんの事件にも、「想定外」の功徳があるのかもしれません。
スポンサーサイト
【2006/01/25 13:38 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ようやく… | ホーム | 大寒!
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。