スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
坂本政道『ピラミッド体験-開示された古代の英知』
坂本氏の新刊である。


小型のピラミッドを作り、その中でヘミシンクしたときの内容がメインとなっている。


著書の中で、地球にネガティブな影響を与えている「ラッシェルモア」との対決が描かれているが、彼の改心と復活の物語には、なぜだかとても勇気づけられた。


「2012年」に向けて、ネガティブな世界から、ポジティブな世界へ移行していることを確かなものとして感じた。


般若心経の真言や、観音菩薩についての新たな知見も加わっており、その点も興味深かった。


坂本氏は、ヘミシンクを通して時代の最先端を走っている。


そのことを如実に感じた。


氏がヘミシンクを通して知ったこととして、中国の変化がある。


中国は現在も巨大地震の被害が報じられているが、これだけではすまない可能性がある。


天災などが続く結果、暴動が起き、民主化する。


そのようなメッセージを受け取ったらしい。


この著書でも紹介されているが、昨年出版された『バシャール×坂本政道』の中でも、2010年にさまざまな地域で「地質学的な変化」が起こる可能性は示唆されていた。


もっとも、人間の意識が変わると未来が変わるため、実際にどうなるかは分からないが、可能性としては存在しているということなのだろう。


いずれにせよ、「ポジティブな生き方」が2012年という波を乗り越えていく大船であることは変わりあるまい。


バシャールの勧める「ワクワクする生き方」とも言えるが、この新刊を読んで、文字通り「ワクワク」した気持ちで未来を迎えられるようになったのは有り難いことだ。
スポンサーサイト
【2010/04/22 21:53 】 | 読書日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。