スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
マスコミにはドン引きです。
最近、ニュース番組を見るのがとくに憂鬱です。


一つには、自民党政権時代には、ほとんど批判的な報道をしてこなかったマスコミが、政権が変わってから、とたんに批判的になったこと。


水面下でマスコミ操作があるのかもしれないが、それにしても、ジャーナリスト魂というものは、いったいどこにあるのでしょう?


まあ、もともとそんなものなかったかもしれないが…。


建設的な批判ならまだしも、どう考えても悪意としか考えられない政権批判報道もあります。


いったいだれのことを考えての報道なのか?


不景気で苦しい思いをしている人が多く、今のところなんとかそういう状況を立て直そうとしている政権のように思っていますが、それに水をかけ足を引っ張るような報道の内容、キャスターやコメンテーターの発言。


イライラして憂鬱になります。


ちなみに、現政権に対していちばんネガティブな報道が目立つのはフジテレビ。次に読売。NHKと続きます。もっとも好意的なのが朝日放送。次に毎日放送。あくまでも私の印象ですが。


まあ、要するに今まで以上にメディア・リデラシーを持て、ということなのでしょう。


マスコミの報道を鵜呑みにせず、自分の目で比較、検討して判断する、ということですね。


幸い、ネットでさまざまな人がコメントできる時代ですから、ネットでさまざまな意見を見るのも必要ですね。むしろ、そのほうが正確かもしれません。


政権選択をした国民ですから、次はメディアリデラシーを鍛えて、批判力や思考力、分析力を高めていけることを期待しています。


マスコミには騙されないように気をつけていきたいです。

スポンサーサイト
【2009/10/22 21:40 】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。