スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
江原啓之『トラウマ-あなたが生まれてきた理由』(講談社)
江原氏の新刊である。


先日、「オーラの泉」の放送が終わった。


江原氏がメディアに出るようになり、死後の世界や守護霊の存在、前世、スピリチュアリズムなどはずいぶん世間に受け入れられるようになったと思う。


彼の果たした功績は大きい。


また、感心するのは、江原さんの著書、番組などで言っていることは、見事にブレがない。


初めから一貫としている。


そして、私が思うに、江原氏の功績で最大のものの一つは、精神的な価値を重視した生き方に太鼓判を押した、ということである。


世間では、正直に、精神性を重視して生きる生き方はバカを見るように思われるむきもあるが、それこそが正しい道であることを力強く実証している。


江原氏の著書の特徴は、抽象的な議論はほとんどなく、きわめて平易で具体的な語り口に終始していることである。とても実践的な内容だ。


今回の著書で、たとえば次のような言葉。


「必要以上の良いことも悪いことも起きません。起きることはみな、たましいにとって必要な課題。あなたが乗り越えるべきカリキュラムだから出会っているのだということを受け入れられれば、安心して生きられるはずです」


江原氏は、良くも悪くもこの世で大切なことはたくさんの「経験と感動」を積むことである、という。


私は、彼の考えは、自己が「全体性」を目指すというユング心理学の考えに一致しているように思う。


いわば、見えないもの、見えていないものが見えていく過程。


気づいていないものに気づいていく過程。


一人一人の魂はそれを求めて長い長い旅の途上にいる。
スポンサーサイト
【2009/10/03 23:07 】 | 読書日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。