スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
総選挙にことよせて。
今回の衆議院選挙では民主党が圧勝しましたね。


しかし、過剰に期待してはいけないと思います。


民主党はまだ未知数です。


政権交代後、スムーズに事が運ぶと期待することは無理でしょう。


大げさですが、フランス革命のゴタゴタが想起されます。


民主党に期待するのは世情というものですが、今回の選挙で存在感が増したのは、なによりも有権者=国民です。


与党は国民をナメていた、長年の安定政権で慢心していたことは否めないでしょう。


今後、民主党が「ブレる」ことがあれば、間違いなく次の選挙は議席を失います。


ようやく民主主義が多少機能してきた、と言えるかもしれません。


政治経済の建て直しはもちろん必要ですが、これはあくまでも「カタチ」に過ぎません。


ここで国民が内面に向かって行かなければ、現在の政治経済の混迷は打破できない、と私は思っています。


市場の飽和した資本主義社会は、人為的にバブルを創り出すしか延命の道がないようです。


そんなムダをするのではなく、何が必要で何が必要ではないのか、大切なものは何で大切でないものは何か、十分に議論して見極めて、賢明にお金やエネルギーを配分することで、おそらく多くの問題は解決するのではないかと思っています。楽観的ですが。


真っ先に不要なものは軍事費です。


これほどバカなお金とエネルギーの使い道はありません。


軍事費をゼロにするには精神革命が必要です。


恐れ、不安、貪欲、権力欲、憎しみ、攻撃心…。


こういったものから人類が解放されたら、必然的に軍事費は消滅します。


福祉や農業、新エネルギーの開発などに廻せます。


景気や経済の問題は、人間の心のあり方で大きく変わるものだと思います。


結局は心を持った人間が動かしているのですから。


一人一人の精神的な向上が、すなわち世界の問題解決でしょう。


我が道を行きたいと思います。
スポンサーサイト
【2009/08/31 23:04 】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。