スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
寺山心一翁『フィンドホーンへのいざない』(サンマーク出版)<その2>
フィンドホーンの創始者、アイリーン・キャディが、この本が日本語で出版されると聞いて、メッセージを残している。


「心を静めて自分の内面に入り、あらゆる存在の源である内なる神を見つめてください… 不安や怒りで揺らぐことのない心は、さざ波のない湖面のように、あらゆるものを映し出します。私はずっと神からガイダンスを受けてきましたが、けっして特別な人間ではありません。神はあらゆる人の内面にあるものなので、耳を澄ませれば誰にでもその声は聞くことができるものなのです」


現実世界や生活の様々な問題や困難で疲れたり途方に暮れていたりするとき、内なる世界に赴くことによって平和が得られる。正しい道、歩むべき道がはっきりする。


この混乱した世情において、大切なひとときになると思います。
スポンサーサイト
【2009/08/29 12:50 】 | 読書日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。