スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
万法の修証する「私」…?
岩波文庫版の『正法眼蔵』を読んでいます。


「自己をはこびて万法を修証するを迷いとす、万法すすみて自己を修証するはさとりなり」(「現成公案」)という有名な一節があります。


デカルトの「我思う故に我あり」ではありませんが、自己と世界とを分けて考え、自己を中心として世界を見る図式は「迷いだ」と道元禅師はおっしゃいます。


現代人にとってはかなり物慣れた見方ですけどね。


我も世界も分け隔てて考えず、自然や宇宙と一体となっておのずから出てくるところの私。


そこに真実がある、とおっしゃっているのでしょうか。


今後も考えていきます。

スポンサーサイト
【2012/07/15 18:55 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。