スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
苦境も仏の励まし
お金だとか地位だとか、ほかに頼むものがあると思いこんでいると、なかなかいっさいをささげつくせないんです。そうしても自分を捨てきれずにぐずぐずしている人を、苦境がうすろからどんと押し出して、仏さまのふところに飛び込ませてくれる。苦境も仏さまの励ましなのです。


庭野日敬『法華経のこころ』
スポンサーサイト
【2011/02/28 22:22 】 | メッセージ | トラックバック(0) | page top↑
感謝の心は
どんなことがあっても、なにが起きても感謝の気持ちを思い出すことができる。


すぐ感謝できず、たとえ時間がかかったとしても。


それは神仏のご加護の現れなのですね。

【2011/02/22 22:59 】 | メッセージ | トラックバック(0) | page top↑
「個」の意味
小我という肉体、「個」をつくることにより、たましいは負荷を持つのじゃ。その負荷をあえて持つことにより、神の愛を学ぶのじゃ。

個にこもるという負荷を乗り越え、個を持ちつつも「大我の愛」、神の愛に気がつくということの大切さを知る。その経験こそ、たましいの「学び」なのじゃ。


江原啓之『スピリチュアル・メッセージⅢ』
【2011/02/20 22:35 】 | メッセージ | トラックバック(0) | page top↑
「愛する」ことのメッセージ
「まことの意味で愛するとは、相手を徹底して受け容れ、徹底して向上させようとする法なのじゃ。」

江原啓之『スピリチュアルメッセージⅢ』
【2011/02/18 10:54 】 | メッセージ | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。