スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
命のままに、咲く花は
日付の変わる頃、その道を歩く人はいない

暗闇の中、街灯に照らされて、咲き始めの桜が白く浮かび上がる

その花を、だれも気づかない、見ていない

けれども桜は咲いている


人が見ていようと見ていまいとそんなことに頓着せず

桜は咲いて、そして散る

人の世に悲惨があろうとなかろうと

景気のがよくなろうと悪くなろうと

人が生まれそして死のうと

かまいもせずに、桜は咲いて、そして散る


惜しむことも

誇ることもせず

命のままに、桜は咲いて、そして散る


どうして私は人から理解を求め、励ましを求め、ねぎらいやいたわりを求めるのだろう


人が見ていようと見ていまいと

命のままに咲く花は

あまりにも健気でいさぎよい


私も桜も同じ命を生きている

命のままに、咲く花は

私のままに、咲く花は





スポンサーサイト
【2009/03/30 17:00 】 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。