スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2012年の足音②
SA350331.jpg


これからの時代、どうなっていくのだろうか?

おそらく、大きく物事が変わっていく時代になる。

もう、変わり始めている。


この変革期に際して、どのように「生き残る」のか。

そのようなタイトルの本も珍しくない。

しかし、それはナンセンスである。


たしかに、かなり人口は減るかもしれない。

そこで、どのように「生き残り」をかけるのか、模索することも分からないではない。

ところが、これからの時代は、このような「生き残る」という考え方や発想そのものからの転換が行われるだろう。


というのは、人類は今までこの「生き残る」ということに狂奔して生き延びてきた。

あるときは他人を押しのけ、蹴落とし、生存競争に明け暮れてきた。

いわば、弱肉強食の世界。

しかし、このゲームはもうすぐ終わりを告げる。


「生き残る」ことは、人間というシステム上、できないことになっている。

遅かれ早かれ、必ずこの世は去ることになっている。

だから、運良く天災や人災から免れたとしても、いつか死は訪れることになっている。


そうすると、「生き残る」ことではなく、いかに「今を生きる」のか、ということでしかない。

いつ死ぬか。

それは誰にも予見できない。

ただ、確実に「それ」はやってくる。

だとすれば、いつ「その時」がやってきてもいいように、毎日毎日をどのように悔いなく過ごしていけるのか、ということでしかない。


もちろん、人生の先のことに備えて貯金したり、計画したりすることは大切である。

しかし、予定通りに進んでいくという保証はなにもない。

人生80年を想定して生きていくことと同時に、一方で、いつ死んでもいい、と言えるような、「今を生きる」生き方が大切だと思う。


そして、この世で生きることの意味をつかむことができたのなら、「今を生きる」ことの大切さは否応なく胸に迫ってくる。

究極的に、「死」は存在しない。

常に永遠の「生」しかない。

ただ、その「生」の状態をして、「死」と表現せざるを得ない局面もある。

しかし、それは一時的な姿、相に過ぎない。

なぜなら、「諸行無常」、つまり、常に変化し続けていくのが「生」の姿であるのだから。


そして、その場合の「死」とは、恨みや憎しみ、ねたみ、不信、自責の念など、否定的な観念や感情に囚われている状態のことを指している。

しかし、やがてはそこからも解き放たれていく。

それが「生」のありようだから。


自分の行いは、やがて自分に返ってくる。

そのことに気付くとき、利己的な生き方は終わる。

突き詰めて考えると、自分も他人も隔てはなくなる。

ジョセフ・マーフィー博士は、「あなたは、あなたの世界における唯一の思考者です」という。

だから、自分に対しても、人に対しても、世界に対しても、どのように考え、行動していくのかが問われることになる。

利他=利己。

ここにおいてすでに「他」も「己」もなく、ただ「愛」「慈悲」という動機と目的しか存在しなくなる。

そして、そこに喜びも平安もある。


ようやくこの暗闇の世界の夜が明ける。

一人一人の心の世界に、シャッターの閉まった窓がある。

まだ寝室は暗い。

しかし、シャッターの隙間から、光があふれて入ってきている。

ぼんやりと朝が来たように感じている。

今はそんな時代なんだと思います。


スポンサーサイト
【2008/10/26 22:11 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
2012年の足音
世界的な金融恐慌で連日大騒ぎですね。

現在の矛盾だらけの資本主義システムが崩壊することは必然の流れでしょう。

まずは第一歩、というところでしょうか。


坂本政道さんが新刊を出されましたね。

『2012年 目覚めよ地球人』http://www.810.co.jp/book/ISBN978-4-89295-597-6.html
ハート出版から出ています。

今までの氏の2012年モノより、もう少し踏み込んで具体的に書いておられます。

基本的に対話形式で書かれており、読みやすいです。

いよいよ「2012年」が近づいてきたなあ、という感に堪えません。


集合的に人類が輪廻転生から卒業する時が迫っているようです。

私の身近な経験に照らしてみても、2012年に関わるシンクロニシティが頻発している感があり、気を引き締めていかないと…と思っています。

私自身の「無意識」と対峙していくこと。

シンクロニシティに対する感度を上げ、夢からのメッセージや、心の声に耳を澄ますこと。

心の平和を常に保つこと。

否定的な考えや感情にとらわれず、手放していくこと。

そんなことを心がけていきたいと思います。


2012年、アセンションものについては、本当に玉石混交の状況で、自分の理性と直観を働かせて情報を整理していかないといけない、と痛感しています。

その点では、坂本さんの情報は安定していて、私としては信頼しているソースの一つです。


サイトでは、チャネラーの岡本せつ子さんのサイトは比較的信頼できると現在の時点では判断しています。http://www.pleiadesgrin.net/

岡本さんは、さまざまな精神性の高い存在からメッセージを受け取って、発表している人です。


アセンションに限らず…ですが、物事の正しい判断は、結局自分自身の理性と直観に依るのだと思います。

誰しもが心の中に、絶対的な羅針盤を持っているものだと信じています。

状況に応じて変化していくと思いますが、私は私が今のところ参考になると判断した情報を提示していきたいと思います。


いずれにせよ、劇的な人類の精神的進化が、すでにフタを開けて始まっていると感じています。

とくに、この日本において。

とてもラッキーなことですね。
【2008/10/23 23:36 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
2つの予言<その2/『聖なる予言』について>
前々回、ジュセリーノ氏の予言についてちょっと取り上げました。

今回は、ジェームズ・レッドフィールドの『聖なる予言』について、触れてみたいと思います。


ご存じの方も多いと思いますが、1990年代に発表された、スピリチュアル・アドベンチャー小説です。

南米ペルーを舞台に、隠された「聖なる予言」をめぐって、主人公が次々と秘密を明らかにしていくという異色の冒険小説です。

その過程で、主人公がさまざまな精神的真実に気づいていきます。そして、霊的成長を遂げていくのです。映画にもなったそうですね。


翻訳者の山川夫妻http://www2.gol.com/users/angel/のお話会に参加して、この著書のことを知り、最近買って読んでみたのですが、なかなか興味深かったです。


興味深かった点の一つに、最近よくお目にかかる「アセンション」に類似したビジョンが示されていることがあります。

『聖なる予言』でも、21世紀の地球は、より精神的に進化し成長したものとして描かれています。

とくに、両者とも、精神的にかなり進化を遂げ、霊界と現世の世界、いわば「あの世」と「この世」の距離がだいぶ縮まったものとして描いているのは興味深いです。

「アセンション」のビジョンでは、人間が精神的に進化し、物質主義的な価値観から、精神性を重視する価値観にシフトしていきます。

そういう文脈で、江原さんをはじめとする「スピリチュアル・ブーム」を裏付けていくこともできそうです。

江原さんはしきりに物質主義的な価値観から進化するよう訴えられていますから。

同時に、死後の世界を解説しつつ、「霊的真実」という視点から、この世の意味や、生きていく方向性を具体的に語られています。


このような「予言」は、果たして現実化していくのでしょうか?

今、私たちは瀬戸際に立たされているように思います。

アメリカに端を発する世界的な金融不安は、物質主義的な価値観の再考をうながしているようにも思えます。

世界に蠢いている超巨額の投資マネー。

利益追求の活動はいっこうに止む気配がありません。

その一方で、何億もの人々が飢えている。

明らかに富の分配に問題があります。

世界を環流している巨額の投機マネーを賢明に配分し、投資することによって、どれだけの人々が救われるのかと思うと呆れ返るばかりです。

しかも、そういう飢えた国民を抱えている国の指導者たちは、内戦だのなんだのと、イニシアチブ争いや利権争いに明け暮れていることも多いようです。情けないですね。

マルクスの考えによれば、社会経済システムを改変すれば、人々の精神も変わることになります。

しかし、その見通しは甘かったことを歴史は教えてくれました。

結局、人の心というものが変わらない限り、なにも変わりはしないのです。

それは社会主義であろうと、資本主義であろうと変わりません。


お釈迦さんが生きていた時代。イエスが生きていた時代。

あるいはソクラテス。孔子。

いずれの時代も、いわば乱世です。

国同士の争いが続き、社会不安の大きな時代だったと言えるでしょう。


そこで彼らは、処世術を説いたのではありません。

人として生きるべき道を説きました。

それは、この世に生きていくことの「原理主義」とも言うべきもので、精神性をかなり重視したものでした。


それが、二千数百年の時を経て、今の時代の人々の心の中に生きている。

説得力を持ち、崇敬の対象となり、生きる指針や励ましを与えている。

人間にとってなにが大切か、もはや論をまちません。

今なお多くの信者を抱え、その本は書店に並び、言葉は教科書にも載る。

なにかを雄弁に物語っています。


こう考えると、「アセンション」も「聖なる予言」も、ミレニアムを前後して、21世紀の新しいビジョンのように受け止められますが、実は古くて新しい「予言」であることが分かります。

精神性を重視する。

そこに喜びも平安もある。

そのことに気づいていく。

そのような人々が増えていく。

そして社会が変わっていく。


今はそのプロセスの中にいるのでしょう。
【2008/10/06 23:52 】 | 宗教&スピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。