スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
なんのための教育?
高等学校で、必修単位の未履修問題が浮上している。なんでも進学校に多いとか。この報道に接して、複雑な思いにかられた。

この問題についての見方はさまざまである。
「ゆとり教育」によって必要な授業時間が確保できなかったと言う人もいる。しかし、そう単純な問題だろうか。

公立校でも有名大学への合格率を高めるために授業を編成した結果、必修の授業まで手が回らなかった、というのが実情だろう。そのことを知っていた保護者も少なくないはずだ。むしろ、そのような受験対策シフトを敷いてくれることを陽に陰に期待していたのではないか。

なんともお寒い話だ。
少子化になったにもかかわらず、否、少子化になってきたからこそ、とくに私立校では「特進コース」などを設けて進学率の向上に血道を上げている。生き残り戦略の一環とは言え、それしか「売り」はないのか、と言いたい。公立校もその尻馬に乗って、少子化時代における進学率競争に躍起になっている。

もう一度、原点から考え直す必要があるのではないか。
なんのために大学に行くのか。高校で、学校で学ぶ意味は何なのか。
難関校に進学してより条件の良い、ステータスの高い会社に就職できたとして、何なのか。経済的にはたしかにメリットは大きいだろうし、鼻も高いだろうが、それが幸福を保証するものなのか。

私は、難関校に進学して、大企業に勤めたり官庁に勤めたりして、エリート街道をまっしぐらに走ることが幸福なのだという人には、どうぞがんばってくださいと言いたい。しかし、どうも実態はそうではないらしい。

生徒や学生と呼ばれる立場の人々さえ、この「幸福神話」を確信している人は少ないのではないか。もっと深く考えてしまう若者は、その虚偽性を鋭く見抜いている。そして学校に行く意味が分からなくなり、学校での勉強についてやる気を失ってしまう。

もっとシンプルに考えてもいいのではないか。学校なんて人間が勝手に作り出したもので、その必要性にあわせて本来は柔軟に改編していくべきものであるはずである。通わなければいけない根拠などない。

エリート人生を歩めば、たしかにその道にセットになっている幸福がある。しかし同時に不幸もある。
エリート人生を歩まなくても、そこには幸福はあり、不幸もある。ただそれだけの話だ。

だとすれば、学校の役割なんていうものは、基本的に読み書きそろばんを教え、どこでラインを敷くかという難しい問題はあるが、あとは必要最低限の知識や技能を身につけさせてくれればいい。それ以上の専門的な知識や技術は、本人が選択して学べばよい。

もう一つは、人間関係の場であるから、どのようにして人間関係を営んでいくのか、学んでいく場であることが大切だ。そこには適切に対処できる大人がいてくれることが望ましい。なんと言っても人間関係の問題は人生の半分以上の重さがあると思うので。

「エリート人生を歩むとこうなりますよ、それ以外の道にはこういうのがありますよ」ということを、客観的に教えてくれればなお丁寧である。つまり、紹介にとどめておいてほしい。その上で、本人が学びたいと思ったときに学べる環境を用意しておいてくれれば言うことはない。


話は戻るが、私は、「ゆとり教育」に賛成である。さらに言えば、もっと「ゆとり」があると良い。

実際、「ゆとり教育」といわれる学習指導要領のもとで、ゆとりのある学校はどれくらいあるだろうか? 「ゆとり」を感じている生徒はどれくらいいるだろうか? むしろ窮屈な場になっているのではないか?

教える内容の精選は当然である。そこにはもちろん議論がある。なにが必要でなにが必要でないか、じっくり検討することが大切だ。私としては、もっとゴッソリと教える内容を削ってもいいと考えている。それでも足りない、もっと学びたいという生徒がいれば、特別に選択制で授業でも組んでくれればありがたい。また、学校で教えてくれなくても、地域や家庭で学べばよい。

授業内容や時間よりも、もっと重要なものがある。
それは学校や教師、そして保護者の意識だ。
いくら授業内容や時数が減ったとしても、大人たちが管理的な視線で子どもたちを見つめ続けるならば、「ゆとり」など感じられるはずもない。

学校の話を聞いていると、なんでここまで厳しくする必要があるのかと思う学校もあれば、逆に放置プレイで生徒が困っていようがなんだろうが目を向けようとしない学校もある。やはり学校の本質は「若年者収容所」なのだと確信する。

学校のホームページやパンフレットなどを見ると、「自主性」や「責任」、「たくましい」「心豊な」「相互尊重の精神」などなど、美しい言葉が踊っている。しかし実態はどうなのだろう? 教育目標を掲げることは大切だ。しかし、おそらくほとんどの学校ではその教育目標は空文化しているし、その目標に近づけようとする意思もないだろう。あったとしても、なぜか進学率の向上や風紀の粛正、集団生活の秩序といった目標に様変わりしてしまう。

もっと単純に、人が生きていくということを一緒に考えあう場にはならないものか。それでなくても生きていく意味や目的なんて分からないのものなのだから。

その土台の上に、知識や技術を学んでいく意味があるはずだ。できれば強制ではなく、自主的な判断で学んでいくべきだ。教師がその手助けをしていくことももちろん大切だが。



必須単位の未履修問題は、政治的にも利用されようとしている。この問題を口実にして、官邸は、教育に対する影響力をより強めていこうとするだろう。

大人たちの勝手な思惑や一方的な考えで教育をいじることは、もうやめたらどうか。
実際に通っている生徒とその親、かかわっていく地域や教師たちで、教育の内容を柔軟に変えてはいけないものか。その困難さは当然大きい。しかし、そうやって話し合いながら相互の考えや立場を理解し、改めるべきところは改めていけば、私は学習指導要領なんて不要だと思う。全国的な基準はあってもよいが、その扱いは地域や学校に任せるべきだ。

そうやって弾力的に学校を運営していかない限り、単位の未履修も学校のいじめの隠蔽もことなかれ主義もなくなっていくことはないだろう。

地域主体の運営で問題が皆無になることはない。むしろたくさん出てくる。しかし、そうやって出てくることに一つ一つ向き合い、乗り越えていくことによって、地域や学校の経験値を増やしていくことができ、その経験をもとにして、同じ過ちを繰り返すリスクが減っていくはずだ。

地域で運営していくスタイルはすでに出始めているとは言え、まだまだまだ浸透はしていないし、地域運営の学校ゆえに受験体制が強化されている場合もある。

子どもたちにとって、地域にとって本当に有意義で有益な学校が作られていくのは、100年単位のスパンになるかもしれない。しかし、その鍵を握っているのは文科省でも政治家でもなく、私たち一人一人の意識と行動にかかっている。


SA350125.jpg

初秋の参道(2006)
スポンサーサイト
【2006/10/30 00:26 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
航海日記③
このところ急に寒くなりました。いよいよ秋ですね。

さて、航海日記最終回です。

函館に降り立った私は、市電に乗って函館駅まで行き、荷物を預けて飛行機が出発するまでの間、市内をぶらぶらと出歩くことにしました。

20061025005102.jpg


函館は、数年前に生徒の引率で来たことがあります。懐かしく感じました。

今回、函館に来るにあたって、司馬さんの『燃えよ剣』『北海道の諸道―街道をゆく⑮』を読んできていました。
以前、生徒の引率で来たときに、赤レンガ倉庫周辺をうろうろしていたら、「北方歴史史料館」という建物を見つけてたまたま中に入ったことがありました。恥ずかしながらそのとき初めて高田屋嘉兵衛という人を知ったのです。そのことがきっかけで、ある人から以前いただいた本の中に『菜の花の沖』が自宅あるのを思い出して読んだのですが、これが大変感動モノだった。司馬さんが町人を主人公に据えるのは珍しいかもしれません。

高田屋嘉兵衛。明和6年(1769)、淡路島に生まれる。
貧しい家庭に生まれてかなり苦労した人のようです。しかし、不屈で明るい人だったみたいですね。かなりの努力家で、少ないチャンスを次々とモノしていき、いよいよ自分で船を持ち独立。手堅い商取引と鋭敏な商売センスで信用を得、たちまち高田屋は大きくなっていきます。
日本は鎖国体制の中平和を謳歌していましたが、この時代、世界史は大きく変わろうとしていました。西欧列強がアジアに侵略の手を伸ばしてきていたのです。
とりわけ、日本の北方ではロシアが顔を出すようになってくる。ロシア人の北方諸島での略奪行為に警戒感を強めていた幕府は、国後島で測量していたロシア海軍少佐ゴローニンを捕縛。それが文化8年(1811)のこと。
報復としてロシアは、択捉島近海の漁場の視察に訪れていた高田屋嘉兵衛一行を拿捕。カムチャッカに連行されてしまいます。この危機を、嘉兵衛はいかに脱却するのか……? とまあ、『菜の花の沖』ではその辺が詳しく語られているわけです。この物語では、嘉兵衛という人の行動力や不屈の精神、機略、思いやりなどが余すことなく語られていて、司馬さんの作品の中では、もっとも好きな作品の一つになっています。

さて、今回函館に行くことになって、『燃えよ剣』の主人公、土方歳三サンと嘉兵衛サンとどちらの史跡に行こうか迷いました。

土方さんの話もたいへんおもしろい。しかし、彼は私からすると修羅というのでしょうか、とても血腥い方なんですね。人間的な魅力としては、やはり嘉兵衛さんかと。そこで、土方さんの史跡は次回に回して、今回は嘉兵衛さんの史跡を再度まわることにしました。

市電「十字街」駅を降りてまず北方歴史史料館へ。

20061025004833.jpg


海王丸で一緒だった研修生の方と偶然出くわしましたが(笑)
それから「日本初のコンクリート電柱」の脇を通って、赤レンガ倉庫街にある函館高田屋嘉兵衛資料館へ。

20061025004856.jpg


20061025004906.jpg


20061025004934.jpg


行く途中で変わったアンパン屋さんを発見!

20061025004645.jpg


改めて嘉兵衛という人のことを考えてきました。

嘉兵衛さんという人は、彼を捕まえたリコルドというロシア人をして敬服せしめるほどの方だったようですね。物語や史料を見ると、とても責任感の強い人物だったように思います。もともと胆力はあった人だと思いますが、その根には、責任感という人としての誠実さややさしさがあったのではないか。優れた船頭には不可欠の特質かもしれません。

また彼には、無私の精神が濃厚にあったようですね。アイヌの人々のために尽力しましたが、自らが捕らえられると、今度は日本のために身を投げ出します。大きな仕事をする人には、共通の特質かもしれません。

それにしても、司馬さんという人は、日本の歴史に埋もれていた傑出した人物を掘り起こすのが上手な方ですね。彼によって日本史は相当豊かになったと思います。

司馬さんの本によって、日本史というものが、無私に徹した人物によって担われてきた側面があることを知りました。しかも司馬さんが本に書くまで埋もれていた人も多いとのこと。日本の歴史とまでは行かなくても、日常の場で、たとえば家族や友人、職場において、無私の精神で臨むことが、ときとして大きな働きをすることがあると思うのです。

それは、相手に唯々諾々と従うことのみを意味しません。ときには捨て身になって相手に諫言することも含まれるでしょう。司馬さんは決してこんな言葉を使いませんが、私からすれば、それは「大乗心」だと思うのです。ともかく司馬さんは、そういう人間のありようというのを親しみをもって描いている(と思う)。

資料館に寄った後地ビールを飲み、おみやげを買って一路東京へ。

20061025005023.jpg


下の写真は海王丸に同乗した研修生の方から教えてもらった市場です。そこが安くてよいとのこと。ご紹介いただきありがとうございました。

20061025004339.jpg


函館を去るにあたって、なんか寂しいものがありましたね。なにが寂しかったのか、よく分からないんです。もっともらしい理由が次々に浮かんではくるものの、どれもはずれではないがあたりでもない。函館に感じる郷愁というのは言いようがないものでした。とても好きな街です。また行きたいですね。


海王丸には後日譚があります。その後海王丸は函館を出航し、8月に横浜港に碇泊するという情報を入手。行きましたね~。子どもを連れて。やってくれました、登檣礼。実習生の「ごっきげんよ~う!」三唱と共に、海王丸の美しい姿は、太平洋の彼方に向かって旅立っていきました。サイパンに行くのだそうです。海の貴婦人、海王丸。乗船できたひと時を決して忘れることはないでしょう。

PAP_0009.jpg

【2006/10/25 00:41 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。