スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『ナルニア国物語① ライオンと魔女』
このところ梅雨のような天気が続いていますね。

共謀罪の法案をめぐる動きを注視しています。
教育基本法の動きも同様。
日本はこれからどうなっていくのでしょうか。

絶対王政の時代とは違って、国が国民を管理しづらい状況にあるのが現代です。とくに自由と民主主義を国是としている国家では。国として求心力を強化するためには、「テロリスト」という「外敵」と、「愛国心」という思想教育が必要だという判断があるのかもしれません。

田中宇さんの国際政治分析を読んでいると、中国や朝鮮半島との緊張関係も、単純に歴史問題や領土問題で対立しているというよりは、双方の駆け引きがあることを示唆しています。日本側も敢えて煽っているところがあるな、と。どっちもどっちということですね。田中さんの分析の先見性には目を見張るものが多く、参考にさせてもらっていますが、歴史というものがイデオロギーの対立なんていう単純なものではなく、国際資本の動きによって作り出されてきたという側面をまざまざと感じさせます。田中さんの分析では、今後アメリカは世界の覇権から撤退し、多極化の流れになるそうです。日本はいつまでアメリカ一辺倒を保っていられるでしょうか。社会の変化に惑わされることなく、己の生き方を貫いていきたいものです。


先日、映画を見てきました。ルイス原作の上記作品です。
あらずじを紹介します。

時代は1940年、第二次大戦中のイギリス。ペベンシー家の4人きょうだいがロンドン大空襲を避けるために田舎の大きな屋敷に預けられる。屋敷には空き部屋がたくさんあり、その中の一つには大きな衣装ダンスがあった。かくれんぼでこの衣装箪笥に飛び込んだルーシィは、衣装箪笥の奥から冬に閉じ込められたナルニアに迷い込み、フォーンのタムナスに出会う。ナルニアは魔女の呪いでずっと冬の日が続いていた。

「アダムのむすこ」と「イブのむすめ」、つまり「人間の子どもたち」がケア・パラベルの王座に就くことが白い魔女の最期・冬の終焉となるという予言があった。魔女は子どもたちを捕らえようと画策し、エドマンドを好物のターキッシュディライト(日本語翻訳ではプリン、魔法がかけてある)で誘惑、兄弟を騙して連れて来させようとする。エドマンドは兄弟を魔女のところに連れて行けず、一人で魔女のところに戻るが、魔女はそれまでと打って変わって、エドマンドを縛り上げさせる。

一方、ピーター、スーザン、ルーシーはケア・パラベルを目指すうちに救い主、ライオンのアスランに邂逅する。雪は解け始め、もの言う動物達や森の精霊たちがアスランのもとに集まり始める。アスランの仲間は、一度は魔女からエドマンドを救い出すが、魔女はこの世の始まりからの魔法で決まっていることだからと、魔女の側に寝返り仲間を裏切ったエドマンドを「裏切り者」として引き渡すよう要求する。しかし、魔女はアスランと二人で話し合った後、引き下がる。

その夜、アスランは自陣をそっと抜け出す。ルーシーとスーザンは気づいて彼についていく。アスランはエドマンドを救うため、自分が身代わりになって処刑されることを魔女に約束していたのだった。隠れて見守るルーシーとスーザンの目の前で魔女軍はアスランを捕らえ、辱める。最後に魔女は石舞台の上、石のナイフでアスランに止めを刺し、勝利を確信して引きあげる。野ネズミの一団が駆けつけ、アスランを助けようと縛っていた縄を噛み切る。

次の朝、ルーシーとスーザンは轟音とともに石舞台が二つに割れ、アスランが復活したのを見つけて喜ぶ。アスランは彼女らに、魔女が知らなかった魔法、この世の始まりより前からの魔法には、裏切り者の身代わりに罪無き者が進んで犠牲となるとき、石舞台は砕け、死そのものも元に戻ると定められていたのだと告げる。

復活したアスランとその仲間達は魔女軍と戦ってこれを打ち破る。4人の子どもたちは予言どおりケア・パラベルの玉座につき、4人は長年にわたってナルニアを治める。

ある日、4人は狩で白鹿を追って歩くうちに道に迷い、いつしか衣装箪笥に通じる道を通ってイギリスの同じ部屋に戻ってくる。ナルニアで何年も過ごしたのに、その間、イギリスの方ではほんの数分しか経っていなかったのだった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


まあ、こういうストーリーなのですが。アスランが身代わりになるところや、復活を遂げるところなど、言うまでもなく新約聖書がモチーフとなっています。

この4人兄弟は、ナルニア国に行くまではかなり仲が悪かったんですね。しかも、それぞれ自分のことしか考えていない。しかし、末妹のルーシーの素直さや邪心のなさが、ナルニア国に兄弟を導き入れ、ナルニア国と兄弟の変化をもたらすきっかけを与えていくわけです。

魔女というのは、夜の冷たい闇を支配しているんですね。利己的であり、独裁的なんです。愛情も信頼もない。そういう暗く冷たい世界(地獄)の化身なんですね。

この世界に光をもたらすのは、ルーシーの無垢さが導き出す、「希望」なんです。


兄からつらく当たられていたエドマンドは、魔女の甘言に乗り、お菓子で釣られて兄弟を魔女の元に引き入れようとするが失敗。とらわれの身となります。彼は聖書で言えばユダでしょうね。兄弟を連れて行けば、ナルニア国の王の椅子を約束されていました。悪心や詐欺というのは、貪欲という隙間に忍び込んでくるのですね。欲深い人ほど引っかかりやすい。

エドマンドの兄や姉も、彼を救出したら、ナルニア国のことなんか見捨てて、現世に帰ろうとしたくらいです。長兄のピーターに至っては小心者で、ナルニア国を救出する使命を諄々と説かれても、自分にはとてもできないといつも逃げようとしているんです。姉のスーザンも自分の保身のことしか考えず、ピーターに楯突いてばかり。一番まともだったのはまだ頑是無いルーシーだったかもしれません。このあたりも、天の国に入るのは、幼子たちであるという聖書の一節を想起させますね。

ともあれ、何度も死に目に遭いながら、やっとの思いで魔女とその一軍を退治する。その戦闘シーンは圧巻でしたね。めでたくナルニア国の王位にそれぞれ就くのですが、興味深かったのは、新たな称号なんです。

末妹ルーシーは「頼りの君」。次兄エドマンドは「正義の王(君だったかな?)」、長姉スーザンは「優しさの君」、長兄ピーターは「英雄(の王)」と称えられる。

つまり、魔女との戦いによって、それぞれ足りないものが補われた格好になっているのです。このあたりは見事なビルディングス・ロマン(成長の物語)になっている。まあ、これだけの成長を勝ち得るためには、死をも賭さなければいけないというのも示唆的ですね。「虎穴に入らずんは虎子を得ず」ではありませんが、貴重なものを得るためには、それ相応の代償を払わなければならない。

そう考えると、苦悩や辛苦が多ければ多いほど、実りが多いということになるでしょう。目の粗いサンドペーパーの方が木材の表面をよく研磨します。そこで削れた表面を美しく仕上げるのは、本人次第ということになるのでしょう。

人生で遭遇する出来事すべてを受け入れること。同時に、自分がどう生きていくのか責任を負っていくこと。この二つは互いに矛盾しているようですが、密接につながっているものなのでしょうね。

人生の一瞬先は暗闇ですし、世の中の変化も不透明ですが、荒波に揉まれて丸くなっていく巌でありたいものです。

人間の成長には、導いてくれるガイドと、磨き砂としての困難や課題とが、両方不可欠なのだということを改めてこの物語は教えてくれました。
スポンサーサイト
【2006/05/15 19:12 】 | 映画日記 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
村上春樹 『ねじまき鳥クロニクル』④
今日は連休の中日。「子どもの日」でしたね。所用があって駅前のヨドバシカメラに行ってきたのですが、ズラリと並んだ電動マッサージ機に、オジサン達がビッシリと横たわっている風景を見かけました。空いているマッサージ機はありません。GWのもう一つの側面を見たような気がしました(^^j)

このところ晴天続きで、空気も乾いていて爽快ですね。

『ねじまき鳥~』の続きです。
前回、「世界の解体」というテーマについて触れました。
たとえば、主人公が空き家の庭にたたずんでいるときの描写。

「脚を椅子の上にあげ、膝を折るようにして、その上で頬杖をついた。そしてしばらく目を閉じていた。相変わらず音は聞こえない。目を閉じた暗闇は、雲に覆われた空に似ていたが、それよりはもう少しグレイが濃かった。そして何分か置きに誰かがやってきて、それを少し違った感触のグレイに塗りかえていった。金の混じったグレイや、そこに緑を加えてグレイや、赤の目立つグレイに。そんなにたくさんのグレイにが存在することに僕は感心した。人間というのは不思議なものだな、と僕は思った。十分そこからじっと目を閉じているだけで、こんなにたくさんの種類のグレイを見ることができるのだ」(第1部 泥棒かささぎ編 111ページ)

今まで気づきもしなかったことに気がつくようになっていくわけです。

あるいは、笠原メイという隣人とのやりとりの中で、空き家の井戸をめぐっての次のような会話と一文。

「『水はないのよ』と笠原メイが言った。『水のない井戸』
 飛べない鳥、水のない井戸、と僕は思った。出口のない路地、そして……」(同書 121~122ページ。下線部は本文では傍点)


ここで想起したのは、たしか上田閑照(しずてる)氏の著書の中で触れていた、「隻手の声」の話です。
「隻手」とは片手のことです。禅の公案ですね。隻手の声は、どんな声かという(だったと思う)。

普通、拍手のように両手を合わせて初めて音が鳴るわけです。ところが、片手で鳴らす音を聞けという。

これは、日常的な論理では理解できない命題ですね。片手で音が鳴らせるわけがない。このような公案を突きつけられた方としては、途方に暮れるしかないわけです。

ところが、この「途方に暮れる」という事態が重要なわけです。いままで常識だと考えていてつゆ疑ったこともないような認識のあり方が、問い直されるきっかけとなるわけですから。

こうして「思い込み」を自覚することによって、「当たり前ではないのかもしれない」という疑念が浮かんでくる。その隙に、ようやく新たな事実、もっと言えば真理を受け入れる余地が生じてくることになるわけです。

「恋は盲目」と言いますが、「あの人は信用できないよ」なんて誰かから言われても、恋に夢中になっている本人にはまったく受け入れる余地はありません。「アンタはあの人のことを分かっていない」なんて逆ギレする始末。「そうじゃないかもしれない……」なんてことが重なって、ようやく本当の姿が見えてくる。

さて、この第1部では、主人公オカダトオルの妻、クミコの複雑な生い立ちについても触れられています。
彼女の実家は、母と父方祖母との間に激しい確執があり、3歳から6歳までの間、祖母宅に引き取られて育つことになる。ヒステリックな祖母で、祖母が乱心しているときには、「心を外界から一時的に閉ざして」しまうようになった(第1部 128ページ)。

「何かを考えたり、何かを望んだりすることを一切やめてしまうのだ。状況は彼女の判断能力を遥かに越えていた。クミコは目を閉じ、耳を塞ぎ、思考を停止した」(同ページ)

その後、本来の父母の家庭に戻るのだが、なじむことが出来なかった。クミコの孤独と混乱を理解して受け止めてくれたのは、小学生の姉だけだった。兄も、両親もクミコのことを理解し受け止めようとはしなかった。しかし、その姉も、クミコが帰宅して1年後に事故で亡くなってしまう。姉は小学生ながら一家の要のような存在だった。両親も兄も、暗にどうして死んだのがクミコではなかったのか、という思いを隠しきれずにいた。姉の死後もことあるごとに賞賛した。クミコは生きていることに罪悪感を抱くようになってしまう。

「……これまでの人生で、何かを本当に欲しいと思ってそれが手に入ったことなんてただの一度もないのよ。ただの一度もよ。そんなのってないと思わない? そういうのがどんな人生か、あなたはきっとわからないわ。自分が求めているものが手に入らない人生に慣れてくるとね、そのうちにね、自分が本当に何を求めているのかさえわからなくなってくるのよ」(第1部 132ページ)

クミコの孤独というのは、かなり深刻なものがあったと言えると思います。それでは、クミコの父という人はどういう人だったのか、そして兄という人はどのように育っていったのか…ということも続けて書かれていますが、それは次回以降にします。

この引用の言葉で思い出したのは、フランクルの有名な『夜と霧』のことです。
フランクルはユダヤ人として、第二次世界大戦中に強制収容所に収容され、奇跡的に生還したという人です。彼が強制収容所で経験したものを本にしたのが『夜と霧』なのですが、その中で、収容されている人間たちが、徐々に感覚が鈍磨していく姿が描かれていました。

絶望的な状況に陥ると、自己防衛反応として、外界からの刺激をシャットアウトしてしまうようになる。感じないようにしてしまうのですね。そのまま受け止めていたら、ストレスでまいってしまいますから。それで感情がどんどん鈍くなっていく。

クミコさんの置かれていた状況というのも、似たようなものがあったのかな、と思ったわけです。

家庭環境でそうなることもありますが、学校や会社だって、けっこういますよね。死んだ魚のような目をした人たちが。自分をとりまく環境に抗うことも逃げることも諦め、ただ流されて生きていくとああいう風になっちゃうのかな。その方が楽だから、というのもよく聞きます。

「随所に主となれ」という言葉が、禅の世界にあります。
解釈はいろいろあると思いますが、どんな状況であれ、自分が主体であることを忘れるな、環境に飲み込まれるなっていうことなのかな、と私は考えています。周囲の環境や社会を責めるのは簡単ですが、いずれにせよ、その過酷な状況の中でどう生きていくのか、というのは本人の選択にならざるを得ない。その責任からは逃れられませんね。

この物語は、主人公やクミコさんの選択の物語でもあります。自分が新たに生まれ変わっていくそのときに、どのように世界(観)が変化し、なにを選択していくのか、という。

後述することになると思いますが、クミコさんの兄のワタヤノボルの選択と、対照的に描かれています。つまり、主人公にとって義兄のワタヤノボルは、「影」なんですね。別言すれば、「影との対決」というテーマを孕んだ物語だと言えるでしょう。
【2006/05/05 21:45 】 | 読書日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。