スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
腰越を歩く
100521_1843~01




腰越の旧い街道を歩いていた。


その昔、日蓮上人はこの道を刑場に向かって歩いていた。


龍ノ口の刑場で、日蓮上人は斬られることになっていた。



イエスはゴルゴダへ向かって、どんな思いで歩いたのだろうか。


重い十字架を背負いながら。


腰越の街道を歩いた日蓮上人と重なった。



日蓮上人は、斬られなかった。


江ノ島の方面から、二つのまばゆい光が飛来し、処刑人の目がくらんだ。


伝承はそのように伝えている。


上人には、堅く熱烈な信仰があった。


そして、神仏が上人を守った。


私はそう思っている。



その跡地に立つ龍口寺の境内に、処刑失敗後に閉じこめられていたという「御霊窟」の前に立った。


直径3メートルにも満たないその薄暗く狭い小窟の中で、上人は何を思ったのだろうか。


信念と信仰。


そして感謝の思い。


上人にとっての命は、すでに自分のものでなく、自分がどうするものでもなく、ただひとえに仏にお預けされていたのだろう。



先の見えない時代である。


…いや、先は見えている。


この資本主義のシステムは崩壊する。


ギリシアの騒動は、日本の近未来になる。


すでに国家財政は破綻している。


インフレとあいまって、食料が手に入らず、混乱や暴動が起こり得る。


国内の疲弊をよそに、一方で日本の対外資産は世界一である。


誰が資産を持っているのか?


そもそも誰の資産なのか?


資本主義という機械はいずれ自滅する。



来るべき世界に向けて、固く信念を持とう。


神仏に任せ、正しい道を歩もう。


そうやって現世の荒波を超えていこう。



100521_1833~01
スポンサーサイト
【2010/05/28 22:52 】 | 旅日記 | トラックバック(0) | page top↑
春の跫音
今日は週休の日。天気はいまいちでしたが、散歩に出かけてきました。


気温もちょっと高め。風が強いです。


これが、「最期の日」だったらどう感じるだろう。


そんなことを考えながら歩きました。


沿道の街路樹や、木々を行き交う小鳥を見て、なにかジーンと来るものがありました。


ああ、一緒に生きてるんだなあ、と。


車道を通り過ぎていく車にも、愛おしさを感じます。


なにかご縁があって、こうして出会っているのだなあ、と。



実のところ、人間はいつあの世にいくか分からないですね。


改めて、生きている今日という日をどう生きていこうか、思い直します。



およそ30分は歩いたでしょうか。


昼の町は、住んでいる町なのに、あたかも旅しているような新鮮さがあります。


普段は通勤の朝晩にしか見ない風景が、昼間は違った様相を見せますね。


小さい子ども連れのお母さんと出会います。


こうして命が継がれていって、命あるものは連綿と受け継がれてきたのですね。



そうやって先人が遺してきたものはといえば、象徴的に、「言葉」だったと思うんです。


建物も家具も電子機器も科学の法則でさえも、人の思いや考えが形に表されたもの。


モノは継承されても、口伝えに、マニュアルに、本になって、言葉になって、それらは受け継がれてきました。


常に言葉と共にありました。


さて、自分はどんな言葉をこの世に遺すのだろう?


「言葉だけ」ではありませんが、思いの乗らない、薄っぺらな言葉は伝わりませんし、残りもしないでしょう。


言葉は、思いと一体となって、力を持ち続ける。


生きた言葉を遺したい。


そのためだけに生まれてきたような気さえします。



プリントアウトした地図を見ながら、ある神社へ向かいました。


それはまた別の機会に挙げたいと思いますが、清明な気が覆っていて、とても明るく、楽しい気分になりました。



帰路、スーパーに寄って家までの道を歩いていると、一羽のウグイスが忙しそうに飛び回っていました。


ある方の庭に、薄い朱色と、白の梅の花が早くも咲いていました。


ウグイスがめざとく見つけ、蜜を吸っています。


花札のようではありますが(笑)、絵になりますね。


春の跫音が聞こえてきました。



世相は混迷していますが、これも春の嵐ということなのでしょう。


この嵐を経て、徐々にいい世の中になっていく。


そう信じています。



心に響くような、そんな言葉を遺したい。


一片のさわやかな、いい笑顔を遺していきたい。


そう思いました。


1217 170



【2010/01/28 12:13 】 | 旅日記 | トラックバック(0) | page top↑
金沢八景めぐり②
瀬戸神社から海(平潟湾)に突き出たところにある、琵琶島神社を訪れました。


琵琶島神社の参道から瀬戸神社を振り返ると、こうなります。


090917_1241~02


琵琶神社は、北条政子さんが近江国、竹生島明神を勧請してこの地に建てられたとか。


弁財天さんですね。


ちなみに京急金沢八景の駅で地図を眺めていたら、職人のおじさんが「昔この神社で松田聖子がロケをやってたよ」と教えてくれました。今の高校生は松田聖子なんて知らないだろうな…


国道に面した、この神社の鳥居の近くに、「福石」とありました。

福石


かつて、源頼朝さんが平潟湾で禊ぎをするときに、この石に衣服をかけておいたのだとか。


そのいわれのためか、この福石の前で物を拾うと裕福になるという言い伝えがあるらしいです。


神社はこじんまりとしていましたが、瀬戸神社から続く参道は独特の「気」が流れています。


その不思議な感覚の中で、絶景とされたありし日の八景を想いました。

琵琶島神社




【2009/10/17 12:47 】 | 旅日記 | トラックバック(0) | page top↑
金沢八景めぐり①
ふらっと金沢八景に行きました。


鎌倉時代、首府鎌倉の外港として栄えた港町です。


江戸時代は景勝地として知られていたそうです。


行くと、なるほどここは古来の景勝地だなあと感じさせられました。


立ち寄った瀬戸神社。

090917_1231~03



頼朝公が三島大社から勧請したとか。


もともと古くから聖地として祀られていた地だったようですが(コチラのサイトに詳しい)。


そのせいでしょうか、いい「気」の流れを感じました。


鎌倉幕府の玄関口として栄えたのもわかるような気がします。


境内にあった、「蛇混柏(じゃびゃくしん)」。


1680年の大風で倒れたそうですが、朽ち果てずまだ健在です。


悠然とした時の流れ、生命力みたいなものを感じました。

090917_1231~02


やっぱり「パワー・スポット」なんですかね~



【2009/10/15 23:39 】 | 旅日記 | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。