スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
自分の心の中の光に
「世間の批難、中傷にはかまわず、ひたすらにご自分の心の中の光に忠実に従うことです」


『シルバー・バーチの霊訓(三)』
スポンサーサイト
【2016/05/20 07:08 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
愛の表現か、愛を求める叫び声か
聖霊によれば、世界中のあらゆる人やものについて下せる判断は二つしかありません。

それは愛の表現か、愛を求める叫び声かの二つに一つです。この他に可能な選択肢はありません。

(ケネス・ワプニック著『奇跡講座入門』)
【2013/03/27 21:44 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
万法の修証する「私」…?
岩波文庫版の『正法眼蔵』を読んでいます。


「自己をはこびて万法を修証するを迷いとす、万法すすみて自己を修証するはさとりなり」(「現成公案」)という有名な一節があります。


デカルトの「我思う故に我あり」ではありませんが、自己と世界とを分けて考え、自己を中心として世界を見る図式は「迷いだ」と道元禅師はおっしゃいます。


現代人にとってはかなり物慣れた見方ですけどね。


我も世界も分け隔てて考えず、自然や宇宙と一体となっておのずから出てくるところの私。


そこに真実がある、とおっしゃっているのでしょうか。


今後も考えていきます。

【2012/07/15 18:55 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
信仰とは…
つまり、自分の私生活の中で、または仕事場で、家庭の中で、喜怒哀楽を味わって、憎んだりうらんだり、それを反省して軌道修正していく。そしてだんだんと憎しみなんかを昇華していって、円満な人格につくりあげていく作業。つまり自分自身をもかけ値なしに評価して、偏差値をつけてみて、「この人間は師と仰ぐだけの人格を持っている人間である」というふうに高めていく作業。それが信仰なのです。


美輪明宏『人生ノート』PARCO出版
【2011/04/21 15:49 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
百万人に勝つよりも…
戦場において百万人に勝ったとしても、ただ一つの自分自身に勝つことのできる者こそが、最高の勝者である。


ダンマパタ(発句経)
【2011/03/29 17:45 】 | 宗教&スピリチュアル | トラックバック(0) | page top↑
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。