スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
早春
0304 167


モクレンが満を持して柔らかい白色の花びらを開き始めました。


0304 170


梅は1ヶ月前くらいから咲き始めていますね。花に近づくと、甘い香りがしました。


0304 174


河津桜でしょうか、満開でした。ちらちらと花びらが散ってきます。野鳥が花をついばんでいて、それで散ってきたみたいです。


ふと、西行さんの歌を思い出しました。


願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃



スポンサーサイト
【2010/03/04 13:17 】 | 園芸日記 | トラックバック(0) | page top↑
クンシラン
SA350070001.jpg


クンシラン。手前の紫色の花は分かりません(汗)


花言葉事典さんによれば、「貴い」「情け深い」「誠実」ということです。ランとは言いつつランの仲間ではないんですね。


確かに気品がありますね。「誠実」と言われれば、そんな気も。


この、薄い朱色がなんともきれいです。
【2009/05/08 13:44 】 | 園芸日記 | トラックバック(0) | page top↑
スズランが咲きました。
SA350072001.jpg


職場のスズランが咲きました。
とてもかわいいです。
スズランって、すぐ花が散っちゃうんですよね。
眺めていて飽きません。
妖精が飛んでいそうな気がしてきます。


花言葉は、

「幸福が帰る」「幸福の再来」「意識しない美しさ」「純粋」(花言葉事典さんより)


スズランさんは、秋に葉が黄色になって萎れていきます。


寒い冬の間、葉も枝もなんにもない鉢に、乾くと水をあげていたのですが、本当に生きてんのかな…?といつも心配しながら水やりをしていました。


毎年桜の咲く頃になると新芽がにょきにょきと伸びてきて、今くらいの時期に、かわいい花を咲かせてくれます。


今年も生きていた! 可憐なのに自然の強い生命力を感じさせてくれます。じーんと来ます。

そんなことを思うと、スズランの花言葉、なんか納得しますね。


どんなにつらいことも、美しい花を咲かせるためにあるように思えてきます。


ありがとう。
【2009/04/21 12:29 】 | 園芸日記 | トラックバック(0) | page top↑
シンビジュームが咲きました。
SA350066003.jpg


職場のシンビジュームが咲きました。


この鉢のシンビの花を見るのは、ここ数年で初めてです。


ようやく咲いてくれました。


真冬でも屋外の軒下で過ごしていたのですが、東京の市街地というのは冬でも暖かいのですかね?

枯れずに元気に過ごしておりました。


花言葉は、

「華やかな恋」「高貴な美人」「誠実な愛情」「深窓の麗人」「飾らない心」「素朴」

ということです。(「花言葉事典」さんより)


それにしても、対照的な言葉もありますね。「華やか」と「孤独」。どちらもシンビのイメージとしてある、ということなのでしょうか。シンビでもいろんな種類がありますからね。


ちなみに、写真のシンビは、これらの花言葉からなにがふさわしいかというと…「誠実な愛情」かな、と思いました。皆さんはどう思われるでしょうか。清楚で健気な感じがしたんです。そして、芯の強さも。


それは「誠実な愛情」の美しさだと思いました。


【2009/04/18 12:54 】 | 園芸日記 | トラックバック(0) | page top↑
「世界らん展」に行ってきました
花粉症の季節ですね(涙)

「世界らん展」のチケットをいただいたので、最終日の先月26日に行ってきました。冷たい雨が降っていたにもかかわらず、会場(東京ドーム)は多くの人で賑わっていました。

20060304231005.jpg


会場内にはたくさんのブースがありましたね~。
会場に入るとまず出くわしたのがカリヤザキさんの作品ですが、人が多くてシャッターチャンスがつかめない…

20060304231238.jpg


最初西洋ランのコーナーをずっと廻ってきました。
胡蝶蘭が見事でしたねえ。

20060304231620.jpg


このシンビジューム(だと思うのだが…?)の色が個人的には綺麗だなあ、と。

20060304231755.jpg


まあ、よくもこんなに見事に咲くもんですね。そんなのがズラーっと並んでいたわけです。

20060304232344.jpg


でも、やっぱり私は東洋ランの方がしっくりくるんだなあ…。

20060304232504.jpg


こういう質素な作品空間が好きですねえ。

20060304232633.jpg


とくにこちらの方の作品。水墨画との取り合わせがシブい。

20060304232852.jpg


鉢もいいんですよね。

20060304233117.jpg


こういう寄せ植えもいいですね。

20060304233304.jpg


意外と気に入ったのがこの作品。

20060304233439.jpg


なんか今回は画像ばかりになってしまいましたね。
まだ園芸道は日が浅く、美術館に行くような感覚で見てきましたが、総合芸術っていうのかな。色、形、香り、空間。別世界に行ってきたような、そんな感覚でした。

会場の一画で花や植木が即売されていて、市場のセリのような雰囲気で人々がひしめきあっていて、一気に現実に引き戻された感じでしたが(笑)
【2006/03/04 23:39 】 | 園芸日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。