スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
マスコミはホント怖いね。
たまたま「きっこの日記」を見たら、やはり今回の小沢幹事長の騒動にはだいぶウラがあるらしいことが分かった。


この日の日記では、○○新聞のねつ造記事について詳細に分析している。


ひといものだ。


官僚および検察とマスコミが一体となって、政治改革を押しとどめ、民主党を追い落とそうとしていることはほぼ間違いないようだ。


この騒動は、各マスコミの程度や正体を見極めるのには、あるいは好都合なのかも知れない。



もう一つ、きっこさんの過去の日記には、アメリカが基地問題について、「日本政府の意向に従う」旨言明しているとのことで、やや驚いた。


「アメリカとの関係悪化」という言葉が、テレビの解説者や新聞などで見られるが、それも意図的な脅し文句であることを確信した。


アメリカという国は、外交の力量においては残念ながら日本の比ではない。


数年前、アメリカの攻撃機が紛争の地で中国大使館をおそらく意図的に「誤爆」してかなり関係が悪化したことがあった。また、「人権問題」などで中国とは対立しているように見えるが、アメリカは今でも中国経済の成長をしっかり支えている。


フィリピンが議会で議決して米軍基地を追い出しても、経済制裁すら加えず、両国の関係が悪化したとも聞いてはいない。


きわめて冷酷無比なところもあるが、ケチくさいことを言わない大らかさもある。


単純には判断できない、いい意味でも悪い意味でも懐の深さがある国なのだ。


さらに、冷戦時代ならともかく、多極化時代のアメリカにとって、沖縄に海兵隊を置く意味はあまりないと思われるのだが。



「対テロ戦争」もそろそろ賞味期限を迎えているし、北朝鮮も中国に任せようとしている。


つまり、米軍を沖縄から追い出したところで、文句は言われるかもしれないが、致命的に関係が悪化するとは到底考えられない、ということだ。


「アメリカとの関係悪化」という言葉は、国民を怯えさせるための言葉で、この国の一部の官僚と、そこにつるんでいるマスコミの宣伝工作ということではないか。


仮にアメリカがバックにいてけしかけているとしても、それはアメリカの一部の勢力に過ぎないのではないか。


宣伝工作の主体は、あくまでも日本人だろう。


もしそうだとするならば、いらだたしいことこの上ない。



国民が賢くなるしかない。


悪質なマスコミは覚えておいて、これから一切信じないようによく覚えておこう。


どうか、この国がもっといい国になっていきますように。



スポンサーサイト
【2010/01/22 20:00 】 | 社会 | トラックバック(0) | page top↑
揺り戻しにご注意。
本日付けの東京新聞に、今回の小沢幹事長の資金問題について、何名かのコメントが載せてあった。


ジャーナリストの魚住さんのコメントを読んで、我が意を得たり、と思った。


いわく、問題の程度の割には、検察が「行き過ぎ」捜査をしていることは否めない。


背景に、霞ヶ関官僚との確執が大きく存在している。


確かに、与党の幹事長の側近の現役議員が逮捕される、なんて今まで私の記憶にはない。


自民党時代には見られなかった、与党に対しての厳しい捜査。そしてマスコミの与党批判。


霞ヶ関で、大きな権力闘争が行われていると見て差し支えなさそうだ。


民主党、小沢氏は、マスコミ対策が苦手なのかもしれない。


マスコミの大げさな報道、批判、それに検察の厳しい捜査によって、思い通り?着実に与党支持率は下がっている。


この動きに騙されないようにしたい。


たとえば、自民党時代には、沖縄の米軍基地の海外移設、つまり追い出しなんて、議題にも上らなかったはず。


感覚が麻痺しているが、自分の国に外国の軍隊が駐留し、しかもそこでは治外法権があり、外国軍人による犯罪が日常的に起こっているなんて、どう考えても異常だ。


日本の有史以来、いまだかつてそんなことはなかったはずだ。


また、自国の安全と平和も外国の軍隊に頼る、という事態も、きわめて異常だ。


自分の国は自国民が守って当たり前。


ボランティアや友好精神で、他国を守ってくれるほどアメリカはお人好しではない。


アメリカにいいように利用されていると思うことが多々あるが、アメリカを批判したり、アメリカに追従する自民党政権を批判したりするマスコミ報道はほとんど見たことがない。


アメリカが「世論」を作るとき、マスコミを大きく利用することを忘れてはなるまい。


「大量破壊兵器」はなかった、と正式にアメリカ政府は後になって認めたが、その存在を前提にアメリカはイラクに攻撃を加え、何万人もの犠牲者を出している。


もちろん、当初の「大量破壊兵器」を所有しているというアメリカ政府の発表をマスコミは大きく喧伝し、アメリカ国民も「それならば…」と大多数が攻撃を支持したのである。


これが「民主主義」の現実だ。


マスコミ報道を鵜呑みにせず、大局的に、自分で考えて事態を見据えていかないと、私たちはいいように「家畜」にされてしまう。


外国軍の基地が国外へ移転するチャンスが訪れている。


官僚がいいように利用し食いつぶしてきたシステムが、今大きく変わろうとしている。


不明瞭な資金問題があったとしても、今は、民主党にがんばってほしい。


本当に国を思い行動しているのは誰なのか。どの団体なのか。


国を売ろうとしている輩は誰なのか。どの団体なのか。


注視していきたい。



【2010/01/17 23:06 】 | 社会 | トラックバック(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。