スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
なんのための教育?
高等学校で、必修単位の未履修問題が浮上している。なんでも進学校に多いとか。この報道に接して、複雑な思いにかられた。

この問題についての見方はさまざまである。
「ゆとり教育」によって必要な授業時間が確保できなかったと言う人もいる。しかし、そう単純な問題だろうか。

公立校でも有名大学への合格率を高めるために授業を編成した結果、必修の授業まで手が回らなかった、というのが実情だろう。そのことを知っていた保護者も少なくないはずだ。むしろ、そのような受験対策シフトを敷いてくれることを陽に陰に期待していたのではないか。

なんともお寒い話だ。
少子化になったにもかかわらず、否、少子化になってきたからこそ、とくに私立校では「特進コース」などを設けて進学率の向上に血道を上げている。生き残り戦略の一環とは言え、それしか「売り」はないのか、と言いたい。公立校もその尻馬に乗って、少子化時代における進学率競争に躍起になっている。

もう一度、原点から考え直す必要があるのではないか。
なんのために大学に行くのか。高校で、学校で学ぶ意味は何なのか。
難関校に進学してより条件の良い、ステータスの高い会社に就職できたとして、何なのか。経済的にはたしかにメリットは大きいだろうし、鼻も高いだろうが、それが幸福を保証するものなのか。

私は、難関校に進学して、大企業に勤めたり官庁に勤めたりして、エリート街道をまっしぐらに走ることが幸福なのだという人には、どうぞがんばってくださいと言いたい。しかし、どうも実態はそうではないらしい。

生徒や学生と呼ばれる立場の人々さえ、この「幸福神話」を確信している人は少ないのではないか。もっと深く考えてしまう若者は、その虚偽性を鋭く見抜いている。そして学校に行く意味が分からなくなり、学校での勉強についてやる気を失ってしまう。

もっとシンプルに考えてもいいのではないか。学校なんて人間が勝手に作り出したもので、その必要性にあわせて本来は柔軟に改編していくべきものであるはずである。通わなければいけない根拠などない。

エリート人生を歩めば、たしかにその道にセットになっている幸福がある。しかし同時に不幸もある。
エリート人生を歩まなくても、そこには幸福はあり、不幸もある。ただそれだけの話だ。

だとすれば、学校の役割なんていうものは、基本的に読み書きそろばんを教え、どこでラインを敷くかという難しい問題はあるが、あとは必要最低限の知識や技能を身につけさせてくれればいい。それ以上の専門的な知識や技術は、本人が選択して学べばよい。

もう一つは、人間関係の場であるから、どのようにして人間関係を営んでいくのか、学んでいく場であることが大切だ。そこには適切に対処できる大人がいてくれることが望ましい。なんと言っても人間関係の問題は人生の半分以上の重さがあると思うので。

「エリート人生を歩むとこうなりますよ、それ以外の道にはこういうのがありますよ」ということを、客観的に教えてくれればなお丁寧である。つまり、紹介にとどめておいてほしい。その上で、本人が学びたいと思ったときに学べる環境を用意しておいてくれれば言うことはない。


話は戻るが、私は、「ゆとり教育」に賛成である。さらに言えば、もっと「ゆとり」があると良い。

実際、「ゆとり教育」といわれる学習指導要領のもとで、ゆとりのある学校はどれくらいあるだろうか? 「ゆとり」を感じている生徒はどれくらいいるだろうか? むしろ窮屈な場になっているのではないか?

教える内容の精選は当然である。そこにはもちろん議論がある。なにが必要でなにが必要でないか、じっくり検討することが大切だ。私としては、もっとゴッソリと教える内容を削ってもいいと考えている。それでも足りない、もっと学びたいという生徒がいれば、特別に選択制で授業でも組んでくれればありがたい。また、学校で教えてくれなくても、地域や家庭で学べばよい。

授業内容や時間よりも、もっと重要なものがある。
それは学校や教師、そして保護者の意識だ。
いくら授業内容や時数が減ったとしても、大人たちが管理的な視線で子どもたちを見つめ続けるならば、「ゆとり」など感じられるはずもない。

学校の話を聞いていると、なんでここまで厳しくする必要があるのかと思う学校もあれば、逆に放置プレイで生徒が困っていようがなんだろうが目を向けようとしない学校もある。やはり学校の本質は「若年者収容所」なのだと確信する。

学校のホームページやパンフレットなどを見ると、「自主性」や「責任」、「たくましい」「心豊な」「相互尊重の精神」などなど、美しい言葉が踊っている。しかし実態はどうなのだろう? 教育目標を掲げることは大切だ。しかし、おそらくほとんどの学校ではその教育目標は空文化しているし、その目標に近づけようとする意思もないだろう。あったとしても、なぜか進学率の向上や風紀の粛正、集団生活の秩序といった目標に様変わりしてしまう。

もっと単純に、人が生きていくということを一緒に考えあう場にはならないものか。それでなくても生きていく意味や目的なんて分からないのものなのだから。

その土台の上に、知識や技術を学んでいく意味があるはずだ。できれば強制ではなく、自主的な判断で学んでいくべきだ。教師がその手助けをしていくことももちろん大切だが。



必須単位の未履修問題は、政治的にも利用されようとしている。この問題を口実にして、官邸は、教育に対する影響力をより強めていこうとするだろう。

大人たちの勝手な思惑や一方的な考えで教育をいじることは、もうやめたらどうか。
実際に通っている生徒とその親、かかわっていく地域や教師たちで、教育の内容を柔軟に変えてはいけないものか。その困難さは当然大きい。しかし、そうやって話し合いながら相互の考えや立場を理解し、改めるべきところは改めていけば、私は学習指導要領なんて不要だと思う。全国的な基準はあってもよいが、その扱いは地域や学校に任せるべきだ。

そうやって弾力的に学校を運営していかない限り、単位の未履修も学校のいじめの隠蔽もことなかれ主義もなくなっていくことはないだろう。

地域主体の運営で問題が皆無になることはない。むしろたくさん出てくる。しかし、そうやって出てくることに一つ一つ向き合い、乗り越えていくことによって、地域や学校の経験値を増やしていくことができ、その経験をもとにして、同じ過ちを繰り返すリスクが減っていくはずだ。

地域で運営していくスタイルはすでに出始めているとは言え、まだまだまだ浸透はしていないし、地域運営の学校ゆえに受験体制が強化されている場合もある。

子どもたちにとって、地域にとって本当に有意義で有益な学校が作られていくのは、100年単位のスパンになるかもしれない。しかし、その鍵を握っているのは文科省でも政治家でもなく、私たち一人一人の意識と行動にかかっている。


SA350125.jpg

初秋の参道(2006)
スポンサーサイト
【2006/10/30 00:26 】 | 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
仏像展に行ってきました。 | ホーム | 航海日記③
コメント
----
拝読。
今回も長くなるかも、ですな(笑

自分の体験談から言わせてもらえば、私の高校時代は入る時点で「文型・理系・英語コース」に分けられ、2年の時点で「4大文型特進クラス」に入っていたよ。
私が入学する時点で、女子高から共学へ。有名ブランドの制服に変え、修学旅行は海外に。
何故そんな高校に入ったかと言えば、志望校に落ちたからなんだけれど、高校としては既に「生き残り」をかけていた訳。
当時、「土曜は休み」と言われていたが、毎日7時限まで授業。休みの筈の土曜日はテスト。
2~3年で7時限の後に某塾と提携し、通信衛星を使ったサテライト授業を受けていたので、結局終わるの6時半だったな。
その高校は見事進学率を挙げ、偏差値もぐんぐんと伸びています。

私大にしても私立校にしても、生き残りをかけている部分があるのだろうとは思うけれど、どうにもこれがおかしい。
入学するにしても何にしても、学校が生徒や親に迎合して、変な方に転換している気がしてしようがない。
「学校は学校」で自分のスタンス守ればいいのに、みょうに揺れている。
これじゃ狂う訳ですな。

大学も大学で、本来の「学問」分野からか、就職養成機関になり始めている。
それなら専門学校の方が何倍もいいのにね。
ここまで少子化が進み、定員割れしているのだから、
「大学=高学歴」
なんてレッテル、止めちゃえばいいのよ。
本来の所に立ち返らないと、どんどんおかしな事になる。
まあ「大学=高学歴」は、もう過去のものになりつつあるようだけれどさ。

当時それなり大手であった、某企業でOLしていた事があったけれど、なんだか「学校みたいだな」って思った。
なんかね、席とか時間割とか、評価の仕方が。
その時思った。
「ああ、学校って、そういうところなんだな」
って。
学問だけでなく、社会性を教える場所なんだなと。

私は自分の学校生活を振り返ってみて、あまり悪い思い出って持っていない。
そりゃ一時期苛められたりとかしたし、成績悪い時もあった。
けれど、それら全て包んで「楽しかったな」って思う。
それはやはり「勉強した」って部分より、「友人とか先生とか、いろんな人に会えたから」って所。
そういうのって、勉強「だけ」では残らないし、そういう思い出があって、人は乗り越えていけると思う。


閑話休題

今の「エリート育てましょ」なんて教育したいんならば、それはそれで「勝手にやっていて」って気がする。
でも、若し、そのレールに乗るとするのならば、「分かっているのかな?」って事がたったの一点。
「偏差値=仕事できるとは限らないのよ」って事。
仕事ってそんなものじゃない。
「生きる力」や「柔軟性」も同時に試される。
それは子供時代に大きく培われるものだと思う。

私は今、青森にいるけれど、地方の人は強いと思う。そして温かい。
何故か。
地域や自然が人を育てる。
自然を相手にしている人は逞しいし、頭もいい。辛抱強い。
「生きるしなやかさ」を感じる。

大事な時期に、勉強だけでいいの?と思う。
では、何故今頃「ニート」が騒がれるの?
挫折した事を知らない人は、得てして折れやすいって場合もある。
そういう時期を助けてくれるのが、周りだったり親だったり、生きる力だったりするのに。

私の学生時代から、教育現場も変わったように感じる。
でも、それが若し上手く行っているのならば、今起こっているような事件は何なのかな?
いじめの問題は?
締め付けが強ければ強い程、いじめが陰湿化するのは当たり前でしょう。
それで親は「私立」に入れたがるけれど、それでいい訳なのかな?
金のない人間は置いて行かれる社会を作ってどうするの?
戦後の社会を支えていたのは、多くの中間層だった。
当たり前だ。
その中間層が減ってきているのが分からないのかね。
自分達で自分達の首を絞めている気がしてしようがないね。


「教育」にもいろいろな意味がある。
責任の所在を押し付けても無駄。
もう一度、立ち返ることが大切。
でないと日本、今、あなた達が重要視している経済面すらからして駄目になるよ。
by:ねむいねこ | URL | #-【2006/10/30 17:25】 [ 編集] | page top↑
----
お~ 進学校にいたんですね~ それはお疲れ様でしたね~(^^j)

やっぱり、いろんな教育目標掲げていたとしても、広く世間の流れに巻込まれてしまうものなのだろうね。学校というところは。「自分たちはこういう教育方針でいきます」とポリシーを曲げない学校もあるだろうけど、おそらくかなり少数なはず。しかも、意外に知られていない場合が多い。

公立校ではとくに学校独自の姿勢って難しいんじゃないかな。規制もあるし、それにカタイ先生も多いから。「教育熱心」な親ほど進学指導に力入れろっていうプレッシャーをかけるしね。

学歴主義はなかなか是正されないね。この傾向はしばらく続くのかな。

学校で学ぶことって、むしろ教科の内容とかそういうものよりも、「慣習」の方が大きいのでしょう。「ヒドゥン・カリキュラム」っていうのかな? 絶対服従体制で生きること、同僚となあなあでやっていくこと、スケープゴートをつくること、与えられた課題をこなすこと、本質を突いてはいけないこと。そういう「文化」を学校で学ぶ。それが会社で生きちゃう場合が多いから厄介だ。

学校の質は、実はこの「ヒドゥン・カリキュラム」の内容だと言っても過言ではないと思っているんだ。実際のところ、生徒が何を学び、身につけていくのか。人を蹴落とすことを学ぶのか、それとも思いやりを学ぶのか。悪口の仕方を学ぶのか、それとも励ます言葉を学ぶのか。大人への不信感を学ぶのか、それとも信頼感を学ぶのか。その辺りのことに教員が気づけるかどうかによって、その学校の質が決まる。

難しいのは、客観的でなければいけないこと。自己満足ではダメなんだ。

表向きではなく、実際のところ生徒がその学校でなにを学ぶのか。そこで真価が問われるけど、いちばん見えにくいという欠点がある。

ねむりねこさんの言うように、学校のいい思い出って、実はその「ヒドゥン・カリキュラム」にかかっていると思っているんだ。


自然の豊かな環境で身につく生きていく力。それを自然のない都会で身につけさせようというのだから、ムシのいい話だよね。まあ無理だ。でも、可能性はあると思っている。それは、だれかとつながりながら、話し合いながらやっていくこと。それが単純だけど都会でのサバイバル術なんだと思う。

これは私見だけど、田舎の純朴な人が都会で暮らすと、まず病むんじゃないかな。都会はそれほど行きづらい場所。便利ではあるけれど。

だから、園芸って人が都会で生きていく上での生きていく知恵だと思っている。やっぱり、自然で癒され、エネルギーをもらう存在だと思うから。人は。

格差社会になりつつあることは論をまたない。これからお金の有無で、医療も教育も就職も左右される時代にますますなっていくでしょう。政策としては愚の骨頂だと思うけれども、まあ国民が選んでいるんだからしょうがない。

この砂漠のような都会でうまく人とつながっていきながら、園芸にいそしみながら(笑)、砂漠に花を咲かせていきたいですね(^^)Y
by:観音寺 弘明 | URL | #-【2006/11/01 13:30】 [ 編集] | page top↑
----
拝読。

ミクシィでも、教育の在り方(学問とは?)から、派生しているね。
ここについては逡巡するものがあるので、今度会った時にでも、すっきりさせてもらおうかなって思っています。

教育問題、格差社会-今、私が住んでいる青森では、「遠い異国の話」に近い。
数少ない友人も、そう言っていた。
現実感がないんだな。
いじめ問題もあまり聞かないし、私の住んでいる所は、結構子育てに力を入れていそうと思うのだけれど(乳幼児用の店が多い、学校・幼稚園が多い・病院が多い)、都会で感じるようなぎすぎす感はほとんど持たない。米軍基地があるから、外国の子供も居るけれど、日本人と外国人の子供が一緒に遊ぶ姿を時折見かける。

主にマスコミが取り上げている問題が、こちらで遠く感じるのは、価値観が違うからかもしれない。
こちらでは、「大学行くより、就職をして手に職をつける事が大事」と聞いた。そして、地域や自然を大切にする。
無論、都会に出て行く人もいるそうなので、それは今度聞いてみようかなと思っているのだけれど。

「自然や地域」-大切なものだなと改めて感じる。
都会はお金で買えるものが多い。欲望の喚起される町だし、そういう作りになっている。便利さもお金で買える。
自然はそこら辺に転がっている。
だからこその、「心の余裕」みたいなのもでき得るのかな~とも思う。

「自分の生活を守るため」の手段として仕事なり何なりがある。
こちらの生活はいたってシンプル。
自分達が必要だというものを欲する。
都会は-情報と人が多い。
自らの内での会話が成立しにくい。
これじゃ「モラトリアム」が出るのも頷ける。
それを一概に否定はしない。
損もしたけれど、その時期あっての今の自分だからね。
でも、その時期助けられたのは友人だったり・時間だったり・自然だったりした。

都会は面白いよ。
「サバイバルだな~」
とは思うけれど、それが面白い部分はある。
刺激が多い。
けえど、それが二十に「諸刃の剣」にもなり得る。
いろんな意味で
「逃げ場になり得るもの」
が出来れば良いのにと思う。
教育にしてもそう。
「一元化」ではなく、「多様化」。
それが同時に一人一人のいろんなものを引き出す気もする。
疲れたら休息を、それがないと、疲弊して動けなくなってしまう。

ただ、その「休息」「多様」がね、難しいんだなって思う。
人は枠にはめたがるものなんだな~と思うもの。
異質なものはなるべく排除したがる。
それすらも包み込んで「社会」を形成すればよいのにとも思うけれど、それは理想論なのかな。

抽象的な書き方ですな。

医療に関して。
「今の医療はすごい、お金を出せば幾らだって長生きできる」
とある病院関係者は言っていた。
そういう意味での「格差」って出来ると思うよ。
ただ、これとは別で、何か抵抗があるんだな。
自然信奉者ではないけれど、自然の摂理に反している気がしてね。
無論、まだ結論なんて出ないし、いざ、そういう状況になったらどんな選択を取るのかは定かではないけれど。
ただ、「生きる」にもいろんな意味がある。
「長生きするのが良い」とは決して思ってもいない。
ただ、今はそれが出来ちゃう。
何でもありの時代に突入する。
そこに抵抗がないと言ったら、嘘だなと思う。

自然の摂理で決められていた事が、人間の都合でどんどん変化している。
それはそれでしようがないし、私はその恩恵を受けているし、それが人間としての「進化」ならばしようがないのだろう。
変化は恐さと同時に面白さを持ってくるからね。
ただ、その時「どう使うか」が問題だよなと思う。
作った側でどんなルールを作るか、が。

私は基本的に「自己満足」の人間。
そこでしか、最終的には有り得ない気はするんだけれどね。
外に求めても無駄。
人のせいにも出来ちゃうし、また、他人は自分の生き方に責任は持ってはくれないしね。

「砂漠に花」か。
大事よ、それ。
できるはずなんだけれどね(笑

by:ねむいねこ | URL | #-【2006/11/01 14:40】 [ 編集] | page top↑
----
やはり所変われば事情も違うものなのですね。そういう意味では、報道っていうのは都会中心にできているんだね。

教育でも、進学指導しか興味のない学校や、
学校での人間関係のゴタゴタ、親子関係のズレなど、その辺りの相談が日常茶飯事。みんな大学に行くから、自分も行きたい。でもやりたいことがない…みたいな。都会ではなんか地に足が付いていない感じだね。何事においても。

多様性を認められる学校っていうのは、もしかしたら究極かもしれない。それは社会もね。今、学校も社会もトレランスを失いつつある。今度まとめようと思うんだけれども、これからの教育の動向を見ていると、ますます固くなっていくことは確実なんだ。多様性を認める方向とは反対の方向だね。理由は簡単。短絡的な発想でしかないんだ。ゆるいから締め付けよう。バラバラだからまとめよう。その手段は、管理強化しかないんだ。

現場の視線から見ていると、まず成功しない。だから、不登校やいじめはまた増えていくと思っているんだ。おそらく、ますます息苦しくなっていく。

でも、社会全体としてそういう傾向が強い。ダメなものは切り捨てる。切り捨てるべきところはたしかに切り捨てる必要はあるんだけれども、そこにはどんな人でも共存していこうっていう前提がなきゃ危ない発想になってしまう。

このまま行くと、管理強化して弱者は切り捨てていく社会になっていくけど、その一方で皮肉にも犯罪は増えていくし、ますます暮らしにくくなると思っている。自由も安全も健康も、お金で買う時代になっていく。アメリカのマネをしているだけなんだけどね。政策として。

うちの子が出産したとき、奥さんは6人部屋だったんだ。カーテン1枚でしょ? プライバシーもへったくれもない。隣のベッドでせんべい食べている音なんかまる聞こえなんだ(笑) うるさいくらいにね。でも、お金のあるところは、さらに割増料金払って、個室で快適に過ごしているんだ。サービスもいい。ああ、人の命って金で買える時代になったんだなって実感した。

でも、これって有史以来、都会では当然だったみたいだね。いつの時代でもどの文化でも、お金と権力のある人たちは最高の医療や教育を受けてきた。それがおかしいんじゃないかっていう風になってきたのは、民主主義と人権思想が普及してきた近・現代の話だと思う。

個人や団体レベルでは、昔から慈善事業や教育事業など平等化を進めてきたところもあるけれど、それを社会全体でやろうとしてきたのは、本格的には20世紀後半だと思う。典型は北欧だけどね。日本は最近はアメリカ型に傾斜しているけど、一時期までは社会で格差を解消しようとする傾向はたしかにあった。

アメリカでは露骨でね。未来の医療技術の進歩に期待して、死体が傷まないような保存に何千万もかけている金持ちがいる。一方で最下層の人間は病院にはかかれないほど貧しいんだ。これってどうなんだろう? 同じ社会で生きているのにね。

個人や団体レベルでは、今でもそういう活動に従事している人はあるけど、それが社会全体の常識になるまでには、まだかなり時間はかかるんじゃないかな。

でもたしかに、どんな社会でも、「生きる」という課題からは逃れられない。それは社会にどうかかわっていくかっていうことも含めてね。

そうやって進化してくんじゃないかな。
最終的にはポジティブに考えているんだ。自己中心的な生き方や価値観、必勝劣敗が当然だなんていう社会は是正されていく。思いやりと多様性、寛容さが尊重される社会になる。300年後くらいかな(笑)





まあ、その辺は今度話そう。

by:観音寺 弘明 | URL | #-【2006/11/02 16:26】 [ 編集] | page top↑
----
ういっす。
宜しくだポン。
by:ねむいねこ | URL | #-【2006/11/02 18:00】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。